【Part 4】「とりあえず、統合失調症患者になった自分が語る、26歳の人生。」~大学3年生編~

7 / 8 ページ

 自分は、一ヶ月間のインターンシップで、四日目で行くことを放棄した。








 断られると、人格を否定されている。そう思い込んでしまう性格で、なにより、ただ、








 「なんとなく」








 仕事に打ち込む人は、幸せにはなれない。なにより、自分がそうだったからだ。








 今の仕事(仕事はドクターストップされているので、同人と言っておいた方がいいか)は、「なんとなく」、やらされている感覚はない。自分の幸せは、与えられるものではなく、与えるものなのだ。








 自分は、インターンシップを行い、四日間で、体重が四キロ痩せた。


 ほほがこけていき、自分は、そのインターンシップを去っていった。




・大学生活の「LAST SHOW」


演研の先輩
「この役、くわばらにしか出来ないんだ。」



 強く勧められた、舞台出演。舞台のタイトルが、「LAST SHOW」なので、有終の美を飾ろうと考えた。








 主宰者は、自分と同じ誕生日で、自分よりまるまる一年後輩で、しかし、演劇研究会に入ったのが、一年先輩。というややこしい人だった。ちなみに、恋愛戯曲のときに、自分を慰めてくれたのが、この先輩(後輩?)だった。








 「くわばら、敬語辞めてよ~」








 と、何度も言われたが、卒業するまで、敬語が抜けなかった。








 その人が、「新人だけで、演劇を行いたい」と言う意思の元、先輩、四年生を頼らずに、演劇製作を進めていた。








 それを気に食わない先輩もいた。


嫌な先輩
「お前なんて、この演劇、不完全燃焼だろ」



 と、打ち上げの席でクドクドと言い始め、自分はキレて部屋に帰った。








 何事も、有終の美を飾る、最後の最後。これが一番大事なのである。








 役者の中でも、いがみ合いがあった。








著者の桑原 和也さんにメッセージを送る

メッセージを送る

著者の方だけが読めます

みんなの読んで良かった!

STORYS.JPは、人生のヒントが得られる ライフストーリー共有プラットホームです。