「ある7月の晴れたさわやかな日のできごと。」⑧

壁にかかる丸時計に目をやると時刻は3時10分を回っていた。

縁側の方からセミの鳴き声が聞こえる。

さっきまで静かだったのだが彼らもシャワーを浴びたのだろうか。


さゆりは夏が好きだ。

暑いのは苦手だけど、それを含めても好きだ。

なぜかは自分でもわからない。

晴れの日が続くから。

プールに入れるから。

夏休みが始まるから。

アイスがいっぱい食べられるから。

誕生日があるから。

様々な理由が浮かぶけどどれも正しくどれもピンとこない。

大人たちが景気回復にあれこれといろんな理論を並び立てるけど、どれも正しいし、どれもピンとこない。

それと同じ。


廊下に置いてあった青いバケツの中身を取りだし、洗面所で水を入れると縁側に持ってきた。

あとは氷と大好きなアイス。

さゆりは台所に行き、冷凍庫を開けた。

作ってあった氷をグラスに入れ、縁側へ向かう。

もちろんアイスも忘れない。


ポチャポチャとグラスから氷をバケツに移す。

その小さな海は波一つなく、澄んでいた。

どこまでもどこまでも。

ズボンの裾を膝近くまでめくると、さゆりはそろそろと足先を海の内へ沈ませた。

早くも氷が小さくなっている。


「つめた」


バケツの底にさゆりの足がついた時、氷はもう数個を残して溶けていた。



【⑨に続く】


著者の高橋 祐貴さんにメッセージを送る

メッセージを送る

著者の方だけが読めます

みんなの読んで良かった!

STORYS.JPは、人生のヒントが得られる ライフストーリー共有プラットホームです。