「ある7月の晴れたさわやかな日のできごと。」⑩

いつもと同じ。

時刻は4時半を過ぎていた。

ガシャン。

玄関のドアの開く音。


「ただいま。」

少し気の抜けた、それでいて温かい声。

母が帰ってきたらしい。






さゆりは部屋の電気を消すため、天上からぶら下がる白玉に手を伸ばそうとしている。

ギリギリの距離にその白玉は浮いていた。

一度、引き損ねると左右に揺れて、なかなか掴めない。

さゆりは3日に1度は失敗し、結局起きあがるはめになっていた。


「今日は疲れたから一発で決めてやる。」

そう心の中で言い聞かせ、狙いを定め手を伸ばした。





母が帰ってきた後、詩織はシャワーを浴びに行き、私は母と一緒に夕食を作った。

今日は家族皆が好きなカレー。

涙をこらえながら、玉ねぎを切るとその後に人参、ジャガイモと続く。


母はその間にカレーのルーを作り、前菜としてサラダを作っていた。

レタスをお皿に盛りつけ、赤と黄のカットされたピーマン、その上にサーモンの切り身を添える。

今日はさらにミニトマトが一つだけ乗っていた。




【⑪に続く】




著者の高橋 祐貴さんにメッセージを送る

メッセージを送る

著者の方だけが読めます

みんなの読んで良かった!

STORYS.JPは、人生のヒントが得られる ライフストーリー共有プラットホームです。