憶い。

私が大好きな彼の横顔。                      私が大好きな彼の声。                         私が大好きな彼の仕草。    
                                                      彼のすべてを…。                               何であの時自分から手放して、            しまったんだろうか…。                     3年経った今でも私は後悔している。
あの日から3年が経った今、                   私、葛城百菜は某進学校に通っている、高校2年生。進学校の割りに私の学校は私服だし髪の毛を染めたり、                 ピアスを開けたり比較的というか、        結構自由な学校だ。
最近はまだ一ヶ月も先なのに、                みんな授業中でも夏休みの計画を、          友達と永遠と話してる。                                 「ねぇ、舞!夏休みはお祭り行こね!」    隣の席の坂森舞が笑顔で聞いてくる。       坂森舞は私の親友だ。                            生まれた時から一緒。                            ”前世でも一緒だったんじゃないか?”        って思っちゃうくらいどこにいても、       どこかへ行く時も一緒だ。                   「う〜…ん、そうだね〜。」                   私はテキトーに返事をした。             「なに、そのテキトーな返事は!」           ビシッ!                                              「痛いなぁ〜…何すんのさ!」                舞のデコピンが飛んできたのだ。             「百菜、お祭り好きだったじゃん!                     何急に”別にもう私子供じゃないんで、       お祭りとか興味ありませーん。”             みたいな言い方しちゃってさぁー。」     別に興味がないわけでもないし、           普通にお祭りは好きだ。
でも…。                                                お祭りに行くと、どーしても…。           あの日の記憶を思い出してしまうから、    気が進まないだけ。怖いだけだ。            
ー3年前ー                                         「ねぇ、隆。お祭り一緒に行かない?」    「うん、行こっか。」                             中学2年生だった私には、                       一つ年下の彼氏がいた。                       同じ部活で3ヶ月前に、                      付き合い出した 大原隆一。                     中学1年生と考えると少し、                   ガキじゃないかと思うかもしれないが、    隆一はかなり大人だった。                      
付き合い出してから、                         7ヶ月が経とうとしていたある日。         部活に隆一が来なくなった。                   次の日も。また次の日も。                      そして隆一が部活に来なくなって、          1週間が経とうとしていた。                   電話も出ない。メールも返って来ない。    何が起こったんだろうという不安と、      何で連絡をくれないんだろうという、      苛立ちとに挟まれながら私は毎日を、      過ごしていた。                                     お祭りが明日に迫っていたある日の夜。    隆一の同級生の中谷雄介から電話が。      中谷雄介は隆一と私は同じ部活。       「あ、もしもし先輩?」                         「あー雄介?何で番号知ってんの?」      「まぁそんなの別に、                           いいじゃないっすかっ!」                      少し強引な気もするが雄介は、                何か話があって電話したみたいだった。    「で、何かあったの?」                         「や、先輩。隆一から今だに連絡、          ないんすか…?」                                  「あったらこんなに凹んでない。」          正直淋しくてたまらなかった。                怖くて。このまま隆一が、                       帰って来ないんじゃないかって。             「先輩…俺と付き合いません?」             耳を疑う台詞が頭の中へ飛び込んできた.「なにいってんの?」                           「泣きそうな先輩のこと。                    ほっとけないんですよ。俺なら…。          俺なら一人にしない。                          泣かせたりしない」                               私が隆一から聞きたかった言葉を、           雄介はさらっとでもしっかりと言った。     「先輩が好きだから。                            ずっと見てきたから言ってるんです。        俺と付き合ってください。」                   もっとちゃんと考えてれば。                   隆一の事を信じて待っていれば…。         でもあの頃の私は、                                何かに縋ろうとしていた。                      だから…。                                           「うん。お願いします。」              
私は間違ってた。                                  信じてたはずなのに。                            私は隆一を裏切った。
お祭り当日。                                        私は雄介と肩を並べて歩いていた。          すると…前から見覚えのある姿が、          ゆっくりと歩いてくる。隆一だった。     私はただ隆一から逃げるように走った。    ”何でいるの?””今日まで何があったの?” でもそんなことより何より…。                <雄介と二人でいる所を見られた。>     何もかもぐちゃぐちゃなまま、                私はただ走り続けてた。                       「 百菜。」                                           呼ばないで…。                                   「百菜。こっち向いて。」                      お願いだから来ないで…。                      涙が止まらなかった。                            お揃いにしてたネックレスが私の前に。   「もう終わりにしよ。」                       その一言が私が隆一を傷付けた重さを、    感じさせた。                                       その日からずっと私は、                       隆一のせいにしてきた。                       連絡をしなかった隆一が悪い。                話をしてくれなかった隆一が悪い。         でも、別れてから1週間が経った日。     隆一の親友の龍樹に呼び出され、           隆一が告白してくれた図書室に行った。   そこで聞いた話を私はこれから先も、     ずっと忘れはしないだろう。                 「隆一はあの日高熱で倒れたんだ。         意識も無くてもしかしたらもう、           2度と目は覚めないかもしれない。         これが最後かもって。                            なかなか目が覚めなくて俺も、               諦めかけてた。                                   でも隆一が目を覚ました時、                 一番最初に百菜には言うなって。           心配するから。あいつはすぐ、               不安になるからって。」                       
後悔しかなかった。                               私を一番に大切にしてくれてた人を、       裏切って傷付けて苦しめた。                   申し訳なくて。言葉にできないくらい。     愛しさが込み上げてきて。                     でももう2度と戻れなくて。                  私はただ泣き続けるしかなかった。
キーン、コーン、カーン、コーン。           目が覚めると教室には誰もいない。       眩しい夕日の光が私を照らしていた。                              そう。いつも私が泣き続ける夢を見る。    隆一のあの優しい気持ちに触れた後に。 
ーガラッー                                         「あぁー!百菜まだ寝てたのー!?」     教室に入ってきたのは舞だった。           「え、そんなに私寝てた…?」                「うん。軽く4時間は寝てたね。」         「うっそ…最悪だ。」                            「酒井先生が後で職員室にこい!って、    怒ってたから早く行った方がいいよ?」舞…絶対面白がってるでしょ…。           「わかった〜…行ってきますよ…。」     教室を出ようとしたとき。                      「  百菜。」                                       「  んー?」                                       「いってらっしゃい!」                       舞は…きっと知ってる。                       私が寝ながら泣いてたことも。                何故泣いていたのかも。                       でもそれを聞かないから舞が好きだ。     私をわかってる。                                理解しようとしてくれてる。   
            「いってきます。」                                                                      
長い廊下をただ私は走り続けた。

著者のTanaka Shioriさんにメッセージを送る

メッセージを送る

著者の方だけが読めます

みんなの読んで良かった!

STORYS.JPは、人生のヒントが得られる ライフストーリー共有プラットホームです。