「ある7月の晴れたさわやかな日のできごと。」⑰

実際に存在する地名なのか怪しくなる時もあるが、母は滅多に嘘をつかない人なので信じることにしている。


「アンドラ・ラベラ。」

と母が言った時、父が車のエンジンを止めた。


麓に着いたらしい。


「さて、さゆり、準備しようか。」

そう言うと父は車のトランクを開け、自転車と工具が入ったケースを取り出した。

私はアーレンキーでサドルの高さを調節し、モンキーレンチで各部のネジを締め直す。


「大丈夫そう。」


「そうか。これからお父さんたちが前を走るから、その後をついてきなさい。」

「うん。」


父は車に戻るとエンジンを噴かし、走り出した。

私もギアを変え、ペダルをこぐ。


峠までは緩やかな上り坂。

左右にカーブを描きつつ、登ってゆく。

すっかり緑に包まれた山を走るのは気持ちよかった。

葉の間から注ぐ木漏れ日や小鳥のさえずりが肌に、耳に心地いい。

呼吸をする度、空気に不純物が含まれていないことを知る。



【⑱に続く】






著者の高橋 祐貴さんにメッセージを送る

メッセージを送る

著者の方だけが読めます

みんなの読んで良かった!

STORYS.JPは、人生のヒントが得られる ライフストーリー共有プラットホームです。