流産を乗り越えられた国際結婚の凄さ

1 / 3 ページ

2014年10月19日

生理が11日遅れたので妊娠検査薬をしてみたら結果は陽性。中々妊娠出来なかったので赤ちゃんが出来てとてもとても嬉しかった。


2014年11月3日

病院での初検査。初めて行った近くの産婦人科で超音波検査の後先生に呼ばれ深刻な顔で最終生理の初日9月8日から計算すると今8週目なのですが心臓の音もないし何も育ってない様子なので流産です。ときっぱり言われた。

この日はかなり泣いたがナイジェリア人で300回のお産を助けた元助産婦の姑にその先生は狂ってる流産ではない計算が狂ってるだけだと言われた。私はかなり落込んだが絶対それは間違えている!という100%の自信と直感があった。

仕事から帰って来た旦那もそれは間違えているといってあんまり気にもせずに上司が不思議な踊りをするといってその真似をしていた。その奇妙な踊りの真似をみた4歳の息子はガチョウみたいだね!といって大笑いしていた。


全然気にしてない。。。


でも私はやっぱり落込んでしまってでも絶対間違えだと自信があったので他の病院の産婦人科で予約を取った。この日から悪夢を毎日見た。そして4時間眠ると悪夢で起きる生活が続いた。


2014年11月14日

別の病院の産婦人科での検査。そこでは超音波検査はなく普通に検査が行なわれ多分9週目位ですね。おめでとうございます、と言われ普通に検査が行なわれた。いったいこの前の病院はなんだったんだ!


2014年11月18日

7年間働いた会社から解雇された。理由は何度かミスをしたから。

11月3日の誤診の後放心状態で仕事にいって集中できなくて涙をこらえていたのが悪かった。でも7年も働いて今まで頑張ってきたのにどうしたの?大丈夫?の一言もなく解雇された。まあ人生色々。解雇された後4時間半働けと言われ嫌だと断ったが代行がいないから駄目だと断られた。クビにするなら仕事の終わった後にして欲しいと思ったが後の祭り、泣き泣き仕事をした。凄いストレスになった。


2014年11月19日

病院での超音波検査。赤ちゃんはしっかり生きていた!前の病院は完璧な誤診。11月3日に8週目と言われたが実ははまだその時はたった4週目だった、何も見える筈がない!


「6週と3日です。予定日は7月10日です。おめでとうございます。」と言われてとても嬉しかった。旦那と4歳の息子は不安だった私の手をずっと握っていてくれた。そして超音波検査で頂いた写真を大切に飾った。


2014年11月20日

朝8時半きっかりに病院から電話があった。

「昨日の超音波検査の結果赤ちゃんの心拍が79で普通だったら120−160なければいけないのですが普通の数値よりかなり低いので流産の可能性があります」と言われまた涙が溢れて来た。そして血液検査の結果甲状腺の異常も発見された。病院から2日後にまた検査をしましょうと言われたが断った。


2014年11月21日

この日は友達に紹介された助産婦さんに連絡。助産婦さんはお医者さんと違いとてもリラックスした様子だった。今までの事情を話すと赤ちゃんが生まれてきたいかそうじゃないかを決めるの、今はあなたは何もできないからとにかく12週目までまって電話を下さい。大丈夫よ。と落ち着いて説明してくれた。その後心配しないように元気をだしてクビにならないように普通に仕事に通った。そして12月の最後の週が12週目なのでその時に助産婦に電話をするとカレンダーに書き留めた。


2014年12月7日

9週目に入ったこの日職場で少し出血していたのを確認。でもほんの少しだったので特に気にしなかった。


2014年12月8日

朝起きたら真っ赤な出血があった。ビックリして仕事に出かけた旦那に電話をすると直ぐに帰ってきてくれた。大丈夫だからと泣いてる私に優しくハグをしてくれてまた仕事に戻っていった。この時点で11月3日の誤診の時とは全くちがった物凄い嫌な予感がした。ネットで流産の兆候を調べてみた。腹痛、腰痛、出血、悪阻がなくなる、体温が下がる。全部当てはまる。その後息子を体操のクラスに連れていったがやはり出血が気になる、ケンブリッジバースセンターという助産婦さん専門のところを友達が勧めてくれたのでそこに電話をすると数時間の午後1時に予約を入れてくれた。軽く食事をすませ1時に到着する。色々質問され検診が始まる。特に異常はない、妊娠中の出血はよくあることなので心配ないと言われたが11月19日の超音波検査で心拍が79だったと伝えると話は一変。念のため超音波検査をしましょうという事になった。病院から帰宅すると助産婦さんから電話があった。その電話は多分人生で出た電話の中で一番辛い内容だった。

「赤ちゃんの形が正常ではありません。そして心拍が停止しています。残念ながら流産です。明日手術にきますか?」と言われた。

涙が洪水のように溢れ手足が震えだした「と、とりあえず主人と相談してから考えさせて下さい」と言って電話を切った。


旦那の仕事場に電話をするとその20分後に帰宅してくれた。

そして二人で号泣した。きっと人生の中でこんなに泣いたことはない。涙ってこんなに流れ続けるなんて知らなかった。何がどうしてこうなったのか何がいけなかったのかそしてどうして私は赤ちゃんを助けてあげられなかったのか守ってあげられなかったのか本当に沢山の答えのない疑問が涙と比例して頭の中でどんどん溢れていった。


この様子を聞いた姑が家に来なさい!といってくれて旦那と息子と涙の止まらない私と車で30分程離れているの旦那の実家を訪れた。太陽の様な寛大な笑顔でハグをしてくれた義理の母。大丈夫。オクラスープを作ったから沢山食べなさい!!と言ってくれた。しばらく泣いているとナイジェリア恒例のオクラスープとガリ(酸っぱいお団子のような)を振る舞ってくれた。

みんなの読んで良かった!