私の性体験(対男性編)

中学生の時。

夜、自転車で街をぶらぶらするのが好きだった。

オシッコをしたかった。その時、通ったところが「隅田公園」。

公園の端に公衆便所があり、男トイレに入る。

壁一面落書き。絵もあれば文字もある。

殴り書きのチンコの絵やマンコの絵。その他色々な絵。

文字も単語から、今風に言えば伝言板のような書き込み、このトイレであった体験談みたいなことやその他諸々。

中坊ながら、絵と文字の落書きに興奮し、勃起してしまった。

既にオナニーはやっていた私。

小便する場所の壁がこんな状態。

個室はどんなことが書いてあるのだろうと好奇心を抑えきれず入る。

ドアを閉め鍵を掛け、落書きを読みあさりながら興奮した分身を弄る。そんな時、ひとつの文章が目に入った。

『少しドアを開けてセンズリすると風が舞い込み、風がチンコを撫でるように気持ち良い』

本当に気持ち良いのか?

何も考えずにドアを少しだけ開けてみる。書いてあるとおり、風が舞い込み興奮し暑くなっている分身を撫で上げる。「おぉぉ、本当だ、気持ちいい」。。

その状態で、壁の落書きを読みあさりながら分身を擦る自分。

その時、突然ドアが開けられ、浮浪者が侵入してきた。

ビックリして硬直してしまう、金縛り状態。

浮浪者はドアを閉めると鍵を掛け自分の前にしゃがみ込み、分身を摘むと皮を捲り上げる。

仮性包茎の皮を剥かれると亀頭に冷たい風が当たり気持ち良かったが、次の瞬間生暖かいものに包み込まれた。

そう、浮浪者にフェラチオされたのだ。そして咥えられたまま舌で亀頭を舐め廻された。

今まで、オナニーは皮を被ったままやっていた。亀頭なんて自分でも触ったことがなかった。風呂で体を洗う時だって、剥いて亀頭までしっかり洗うなんて知らなかった当時。

強烈な衝撃と快感というよりは強すぎる刺激で、腰を引くがガッチリ両手でおしりに抱き憑かれ、腰を引くことも逃げることもできない。

まるで傷口を舐められるような、強過ぎて辛い刺激とモゾモゾするような快感が居れ混じった感覚に膝はガクガクし立っていられない状態。

しかし腰に抱きつかれ、背中を壁に押し当てて、座り込むこともできず、強烈な感覚から逃げることもできず、されるがままに暫くの間、弄ばれた。

どれだけの時間、そうされたのか定かではないが、射精には至らない辛さと快楽で全身ガクガクしていた。

浮浪者は突然、行為をやめるとありがとうと言って立ち去っていった。

ピン勃ちで皮を剥かれた亀頭、敏感過ぎて痛い、必死に皮を引っ張り懸命に包皮状態に戻してその場から立ち去った私。

怖さと気持ち良さが入り混じり、全身がガクガクしたまま家路に急いた私。

それが「ホモ行為」「フェラチオ」であることを悟ったのは、まだ先のことでした。


ただ、怖さよりも、気持ち良さが勝り、好奇心が勝り、暫くの間は夜な夜な自転車に乗り通い詰めたあの頃。しかし、通いつめてもここでのこの体験はこの一回限りでした。


そして、この公園が有名な「発展場」であることを知ったのはまだまだ先の話。








みんなの読んで良かった!

STORYS.JPは、人生のヒントが得られる ライフストーリー共有プラットホームです。