営業、営業、営業!

インターネットの仕事をしに入ったんです。リクルートに。
入社一ヶ月前に来た配属通知には「首都圏、HR、営業」の文字。
「騙された!」と思った。人事からの電話には全力で怒りをぶつけました。
配属された初日に歓迎会で「インターネットの仕事をしに来ました」と言って呆然とされたのを覚えてる。(自分が先輩だったら絶対殴ってる。)
営業もまったく売れなくて、「なんで自分はこんな仕事してるんだろう?」と日々悩みながら仕事していた。
1年目の最後に、先輩たちのお陰で死ぬ気で仕事をする意味がわかってきて、一ヶ月同じ会社の前に張り付いて、最終日の締め時間数時間前にそのクォーターの目標金額分受注して、達成。
当時はつらい思い出しかなかったけれど、この仕事をしたからこそ今の自分があると確信してます。
写真は営業最終日、達成したあとにみんなで集合写真。

著者の佐俣 アンリさんにメッセージを送る

メッセージを送る

著者の方だけが読めます

みんなの読んで良かった!

STORYS.JPは、人生のヒントが得られる ライフストーリー共有プラットホームです。