「ある7月の晴れたさわやかな日のできごと。」⑱

詩織が車窓から頭を出して、こちらを見ているのが分かった。

彼女にも教えてやるべきか。

いや、彼女には彼女の楽しみ方があるのだ。


左カーブが迫る。

自動車はセンターラインに少し寄り車体を左に曲げる。

その後をさゆりは続く。


スピードを殺さず、大きく弧を描き、体重を左へ。


少し、直進すると、今度は右カーブ。

先ほどと同じ動作を繰り返す。

さゆりは右利きなので右回りは左回りに比べ、やや難しい。



いくつのカーブを曲がったのだろうか。

少し疲れた。


時期は少し遅れているにせよ、規制する人達はまだまだ多い。

さゆりたちの前後には自動車が列をなしていた。

都会から出てきた人達にとってはこの左右の連続カーブは慣れないようで、これまでに何度か道路脇に取られた広いスペースに駐車している車を見た。


父が窓から手を出し、さゆりを呼ぶ。

さゆりは速度を上げて、運転席の横につく。


「もうすぐで峠だ。ただその頃には渋滞しているだろうな。もし渋滞するようなら、先に下ってパーキングエリアまで行っていてくれないか。後ろの車に迷惑かけると悪いから。」

父は不機嫌そうだった。

こんなに早く渋滞にはまるとは思わなかったのだろう。


「うん。そうする。」



【⑲に続く】


みんなの読んで良かった!