「ある7月の晴れたさわやかな日のできごと。」⑳

しばらく景色に目を奪われていた後、前を向くと父が窓から手を出し、サインを送っているのが見えた。


もうここは峠だ。

おそらく先ほど父が言った通り、先にサービスエリアで待っていろってことだろう。

運転席の隣に近づくと父が顔を出した。


「さゆり、詰まってきたから先に行きなさい。」

「うん、先に向かうね。」


二つ返事で答える。


「じゃあ入り口付近で待っていてくれ。」

「はい、じゃあまた後で。」


そういって自動車の前へ出ようとした時、後部座席の窓が下がった。

「お姉ちゃん、これ。」


詩織が手に何かを握り、差し出していた。

さゆりも手を差し出すと、詩織は握った手をさゆりの手のひらに落とす。

詩織がゆっくりと手を開くとそこにはカロリーメイトと飴があった。


「ありがと。」

「暑いから気をつけてってお母さんが。」


そう言うと彼女の手が私の手から、”離れる”。



【最終話に続く。】

著者の高橋 祐貴さんにメッセージを送る

メッセージを送る

著者の方だけが読めます

みんなの読んで良かった!

STORYS.JPは、人生のヒントが得られる ライフストーリー共有プラットホームです。