「ある7月の晴れたさわやかな日のできごと。」最終話

その時の彼女の目はこの日の快晴のように澄んでいた。

生命に満ちあふれる目。

そこに不安や懸念といった負の感情は何もない。


あの時のとは違い彼女も成長した。

しっかりと未来は見えていた。


「じゃ、行くね。」


さゆりは自転車を加速させる。

さゆりの自転車は軽やかに3人の乗る自動車を越えていく。



ミーン ミーンと一斉にセミが鳴き始める。


今年はやはりオスが多いようだ。


彼女の目がさゆりから”離れる”。




”「ああやってオスゼミは彼女を捜してるんだよ。さゆりにもいつかわかる時がくるさ。」

と父は言った。”




家族がパーキングエリアに着いた時、さゆりの姿はどこにもなかった。


後日警察による捜査が行なわれ、地元住民の協力もあったが、さゆりの姿を見つけることはできなかった。



ある7月の晴れたさわやかな日のできごと。


【Fin.】















みんなの読んで良かった!