生と自殺の間に架かる橋

1 / 2 ページ



ブリッグスさんという 警察官の物語です。








彼が 橋中央部のパイプに座って 自殺を企てているという 連絡を受けたのです 要請に応じ 私が現場に駆けつけた時 ジェイソンは別の警察官に 話しかけていました 弱冠32歳の彼は 飛行機で遠く ニュー・ジャージーからやってきたのです 実を言うと 彼は自殺を図ろうとして 既に2回ここを訪れていました






1時間ほど会話した後 彼は パンドラの箱の 話を知っているかと 我々に尋ねました






ギリシャ神話によると ゼウスはパンドラという名の女性を創り 彼女を一つの箱とともに 地球に送り込みます そして “決して その箱を開けてはならない"" と命令します しかしある日 パンドラは好奇心に負けて その箱を開けてしまいます 箱からは 厄災や悲哀など ありとあらゆる悪が飛び出しますが 希望だけが唯一の救いとして残されました








ジェイソンは 続けてこう問いました “パンドラの箱を開けて 希望すら 残されていなかったらどうなるだろう?""








彼は 何度かためらいつつも 身体を右側に傾けて 飛び降りました この心優しく知的な ニュー・ジャージーの若者が 今まさに自らを殺めてしまったのです






もしあなたの家族や友人 最愛の人が 自殺を考えていたらどうしますか?








私の経験によると 声をかけるだけでなく 耳を傾けることが重要です




理解しようと 耳を傾けるのです 言い返したり 非難してはいけません また“あなたの気持ちがわかる"" と言ってもいけません






恐らくあなたはその人の気持ちを 理解していないからです




単にそこにいるというだけで あなたの存在自体が 彼らの人生に必要な 転機になりえるのかもしれません もし誰かが自殺を企てていると思ったなら 恐れずに向き合って 尋ねかけるべきです






自殺志願者と見られる人物がいるとの 無線連絡を私は受けました 私はバイクで現場に趣き この男性 ケヴィン・ベルシアが 歩道に立っているのを見つけました






タワーの周りに設置してある 細いパイプ上に立ちました それから一時間半の間 ケヴィンが 鬱と絶望について語るのを 私は聞き続けました






その日 ケヴィンは ふたたび柵を乗り越え 新しく人生を やり直すという決断を自分自身で下しました






そして 戻ってきた彼を 私はこう祝福しました






これは新しい人生の門出なのだと けれど 私はこうも尋ねました






人生を希望と共にやり直したいと 考え直すきっかけは何だったのかと








彼が何と答えたか皆さんはわかりますか?










カタリエ3に投稿されたストーリーがついに書籍化!
(表紙画像からamazonに飛べます)

Katarie3 book

著者の大森 拓也さんにメッセージを送る

メッセージを送る

著者の方だけが読めます

みんなの読んで良かった!

STORYS.JPは、人生のヒントが得られる ライフストーリー共有プラットホームです。