【Part 9】「とりあえず、統合失調症患者になった自分が語る、26歳の人生。」~精神病棟へ入院編②~

2 / 3 ページ

前話: 【Part 8】「とりあえず、統合失調症患者になった自分が語る、26歳の人生。」~精神病棟へ入院編①~


 何がすごいって、


 

ヘルパーさん
「二人が病室のホールに居ないと、すんごい静か!」



 と、何十回も多数言われたからだ。


 二人で会っちゃ、バカな話もしたし、自分のメガネが、ウルトラマンみたいだねと言う話になって、「ジュワッチ!」と言われた事に、気分を害しました。と、ちゃんと言える仲だった。


 そんなオシミさんは、自分より早く退院した。どうやら、自分で働いて、障害基礎年金を貰わないようにしたいようだが、貰えるものは、もらったほうがいいという、個人的見解がある。


 中でも、一番印象的だったのは、自分が、見よう見まねで、「英語だけでスターバックスの注文をする」という、エチュードをしたとき、それを見たオシミさんは、


オシミさん
「くわばらくんって、英語できるんだね!」



 と、言ってくれた。


 自分の中で、後光が差したような気がした。そうか。俺、英語喋れないんじゃいん。喋らないんだけなんだ。


 そう思うと、英語を使いたくて仕方ない状況になってくる。


 2泊3日の外泊の時に、スターバックスに行き、英語だけで注文することを実践したり、退院後、英語塾の体験入学をしたりと、自分の英語観を変えてくれた恩人でもある。






・バカな考えは捨てろ「ヒラハラ」さん。


 作業療法室で一緒になった、ちょっと強面なおじさんが、ヒラハラさんだ。自分の名字、「くわばら」の由来をずばり言い当てたり、


 「光合成の三要素。水。光。あと一つは?」


 というクイズ番組の問題に、皆が悩んでいるとき、ふらっとやってきて、


 「二酸化炭素。」


 と、カッコよく決める渋いダンディな男の人だった。


 その人は、なぜ入院をしているかは聞かなかったが、フリーランスのライターをやっていて、パソコンを使わない、アナログなライターだという。


 「今の時代、逆に手書きの方が重宝がられるんだぞ」


 という言葉と、千田琢哉の言葉オーバーラップして、「この人、やるな!」と思った。


 この人なら、何でも話せそうだなと思い、


 「自分、好きでもない人とまぐわっちゃったんで、おじいちゃん死んだんですかね」


 と言ったら、


 「誰だ!そんなバカみたいな考え持ってるやつは!そんな考え、捨てちまえ!!」


 と、一喝された。


 自分は、喝を入れられ、一瞬ビビったが、自分のために、こんなに叱ってくれる人がいるんだと、温かい気持ちになった。


 そんなヒラハラさんと、トイレで一緒になった時、


ヒラハラさん
「大きな風呂にはいれるようになったんだってね」
くわばら
良くご存じで!
ヒラハラさん
「今度一緒に入ろうか!(笑)」
くわばら
「ああ、もう、是非!!」


 その会話の翌日、ヒラハラさんは、退院された。その会話が、自分とヒラハラさんが交わした、最後の言葉だった。






・ジェネレーションギャップを捨てなさい。「お姉さま」方。


 年上のお姉さまが、喫煙ルームにたむろしている。最初は、 


 「煙草を吸う人は、素行が悪い」


 と、勝手に決め付けていて、入れなかったが、徐々に慣れていき、入る事に躊躇が無くなって行った。


 さすがに、三人同時に座って吸われると、肺が痛くなる感覚もあるので、そこら辺の塩梅を見ながら、お姉さま方と会話をしていった。


 スタバで「ごちそうさん!」と言った話や、これ、図書室(3階にある本棚)に戻しておいてと頼まれたり、情緒不安定だった時、慰めたり慰めてもらったりした。






・一家に一台「タカミアミ」


 『一家に一台高城れに』のリズムを、その女性にプレゼントしたら、とても喜んでくれた。


 れにちゃんに負けないぐらいテンションが高いその女性は、いつも笑顔だった。でも、天真爛漫さが逆に出て、傍若無人っぷりも発揮されていた。


 自分が話したくない気分でも、病室の前で、


 「く~わばらく~ん!」


 と、話しかけられて、ブチギレそうになった。


 中でも、「どうして、そんなに私の事嫌うの?私のどこが嫌い?」と言う問いに対して、自分は、


 「そういうところが嫌いです。」


 と言ってしまった事がある。


 一時、仲が険悪だった時があった。


 洗濯物を乾燥室に持っていかなくてはいけない時に、


 「ちょっとこっちに来なさい!」


 と言われたのを、無視して行ってしまった事があった。


 チャンスはピンチ。ピンチはチャンス。


 キレイは汚い。汚いはキレイ。


 ちょうど、マクベスを熟読していたので、そう思った。謝るチャンスだと思ったのだ。


 自分は、喫煙ルームに来たれにちゃん改め、あみちゃんに、謝った。


カタリエ3に投稿されたストーリーがついに書籍化!
(表紙画像からamazonに飛べます)

Katarie3 book

著者の桑原 和也さんにメッセージを送る

メッセージを送る

著者の方だけが読めます

みんなの読んで良かった!

STORYS.JPは、人生のヒントが得られる ライフストーリー共有プラットホームです。