【Part 9】「とりあえず、統合失調症患者になった自分が語る、26歳の人生。」~精神病棟へ入院編②~

3 / 3 ページ

前話: 【Part 8】「とりあえず、統合失調症患者になった自分が語る、26歳の人生。」~精神病棟へ入院編①~

 

くわばら
「あの時は、洗濯物があって、そっち側に行けなかったんだ。無視してたわけじゃないんだ。ごめん。」



 と。


 そうすると、


 

タカミアミ
「くわばらくんに嫌われたかと思った~。私、くわばらくんに嫌われたら、泣いちゃう~。」



 と言っていた。


 こんなにまっすぐな愛情表現を味わったことが無かったので、面喰ったが、事なきを得た。


 退院する時も、ハグをしてくださり、


 

タカミアミ
「もう、頑張るんじゃねえぞ」



 と、言ってくれた。


 それが、今の生活の大きなベースとなっている。






・トシヤさん


 大部屋に移った時、トシヤさんという新しい入院患者さんがいらっしゃった。その人には、娘さんが二人いて、下の女の子が、テケテケテケ~と、お父さんと自分の居る大部屋に入ってきた。


 自分は、何かをしなくては。と思い、手元にあった、「ビッグ・ファット・キャットの世界一簡単な英語の本」を、手渡した。


ちなみに、その本は、自分の親父の遺品である。


 すると、その女の子は、


 

トシヤさんの娘さん。
「ありがとうございます!お父さんを、よろしくお願いします!」

 と、元気いっぱいで返してきた。


 朗らかな気持ちになっていると、お父さんが、


 

トシヤさん
「いいかい。読み終わった本は、こうやって、人に渡したり、ブックオフに売ったりして、次に読みたい人につなげるんだぞ。」


 と、言った。


 一瞬、「ん?ブックオフ?」と、思ったが、雰囲気、流れ、文脈から、悪い事を言われているわけではないので、そのままスルーしていた


 退院する時、どうしても気になったので、


 「あの本、売らないでくださいね~」


 と、冗談交じりで言ったら、


 「売りませんよ!」


 と、真剣な表情で言われた。


 よかった~。って思った。






・ヒサコおばあちゃんのジェラシー


 このパートで、一番書きたかった人かもしれない。


 ヒサコおばあちゃんは、自分の祖父が一周忌を迎えたとき、両手を合わせて、祈りをささげてくれた。


 自分の年齢の話になり、


 「私は…46!」


 と答えたので、自分も乗って、


 「46に見えないですよ!」


 と、返すと、


 「間違えた!64だ!」


 と、答えるお茶目な人だった。


 退院が決まったある日、ヒサコおばあちゃんの、自分に対する目つきが、異常に怖くなっていた。


 挨拶をしても、無視をされているので、自分はそっとしておこうと思った。


 いよいよ翌日、退院する。と言う日に、病室のドアから、ヒサコさんの声で、


 「くわばらさん、居ますか!!」


 と、悲しみと怒りが混じった声が発せられた。


 これは、何かある。やばい何かが。と思い、すぐに、ドアを開け、話をすることにした。


 「くわばらさんは、どうして、私を無視するんですか!!私、ずっと待っていたのに!くわばらさん、全然、私に話しかけてくれないじゃないですか!私は、悲しくて悲しくて、夜も眠れません!!」


 へ~、女性って、一生ジェラシーを持ち続けるんだ~。と冷静に思いつつ、一人では、なだめられないと思い、看護士さんの所へ行った。その間に、午前中泣いて午後笑っていた女の子がやってきて、仲介に入ってきてくれた。


 なんとか、ヒサコさんをなだめることができ、事なきを得た。


 退院の日、自分はあみちゃんと、たまみちゃんと、ヒサコさんのほっぺたにキスをして、病院を後にした。


 自分が、この4カ月で学んだ事は、人は、接触を起こさない限り、一段階深い仲良しにはなれないと言う事。そして、2人以上いたら、誰かが誰かを恨んだり、妬んだりしているという事を学んだ。


 退院の日。母親は、なぜか30分遅刻して、病院にやってきた。


 「くわばらくんが退院する。」と言う事で、自分の周りには、沢山の人が集まってくれた。


 母親と看護士さんと自分で薬の説明などをして、それが終わり、ドアを開けた瞬間、母親は思わず涙をした。これだけの人が、かずやの退院を祝ってくれている。そう思い、胸が熱くなったらしい。


 今まで、通い詰めていたお見舞いも終わる。しかし、これからが、重要だ。


 Part 10では、退院後から、今の生活を書いていく。





カタリエ3に投稿されたストーリーがついに書籍化!
(表紙画像からamazonに飛べます)

Katarie3 book

著者の桑原 和也さんにメッセージを送る

メッセージを送る

著者の方だけが読めます

みんなの読んで良かった!

STORYS.JPは、人生のヒントが得られる ライフストーリー共有プラットホームです。