初恋は男の人だった

1 / 3 ページ

初恋は男の人だった


 Aセクシャル(無性愛者)。

僕は異性に関わらず、同性にも恋愛感情が生まれることはない。

そのことは家族から教えてもらった。

小学生高学年の頃に、「好きな子は崇君(仮名)と真由ちゃん(同)」と

答えたそうだ。


 「男の子は女の子を好きになる」と中学の教科書に書いてあった。

僕は女の子も、男の子も同じくらい好きになる。でもセックスをしたい訳ではない。

一緒にいて楽しい人か、そうじゃない人かの感覚。

 中学3年生になると、周りの男友達には彼女という存在をつくるようになった。

友達のセックス話に付いていけず、アダルトビデオを携帯電話で見るようになった。

「女の子とこんなことをしないといけないのか」。周りにとっては普通の関係なのかもしれない。

 僕に告白してくれる女の子が何人かいて、断る理由も見付からなくて付き合った。

彼氏として何をするべきか。付き合った日を一カ月ごとに祝う、誕生日に遊ぶ、初詣に一緒に行く

、そんなことしか思いつかない。

 「キスは?」「もうやったの?」。友達からの質問に、携帯電話での動画を思い出す。


 「できない」

キスを、セックスを期待しているなら申し訳ないと別れることにした。

案外とあっさり。僕は彼氏として何もしてあげられなかったんだと思い知った。


 高校生になるとセックスは当たり前。周りの会話に合わせるために、何度もインターネット

でセックスの種類や感情を調べた。

 「いつか僕も誰かと裸になって、こんなことするのかな」

そう思った時、僕が一番に気掛かりになったのが裸を見せること。

何もよりも恥ずかしいことで、億劫になった。


 「どうせ見せるなら、男の人がいい」

携帯電話で、ゲイの出会い系サイトを見るようになった。

投稿されている自己紹介を熟読して、この人なら危なくないだろうと、最初はお茶くらいで

という気持ちで、顔の見えない人と会うことになった。


 春の行楽日和。車で迎えに来てくれてドライブ。朝から海を見たり

動物園にいったりして、普通の日曜日を過ごしていた。

 夜、家の近くまで送ってもらった時、帰ろうと思った矢先

突然体を引き寄せられ、抱きしめられ、キスをされた。

急に携帯で見た動画が頭をよぎり、「ごめんなさい」と車から走って逃げた。


 怖くなって、冷静になった時。もう付き合うとか、体の関係を知るとか

どうでもよくなった。それから高校、専門学校に進んで、社会人になった。

みんなの読んで良かった!