全財産失い、婚約者を寝取られても28年の人生で一番幸せな1年を過ごせた理由

1 / 2 ページ

スタートダッシュの1月不動産詐欺事件!!



誕生日の1週間前に強烈なパンチをくらう!!


ともだち
えっと…大丈夫ですか…??竹内まりやの "元気を出して" 歌いましょうか?


と言われること数百回。ちなみに婚約者を寝取られるのは2度目のことでした。

参考程度に1度目のお話をしておきますと、中学生の時からおよそ10年付き合い、将来を約束していた彼女に「結婚しようか」と言った時のこと。

ぼく
がんばって昇進したよ♪そろそろ結婚しよっか( ^▽^)σ)~0~)プニッ♪
かのじょ
好きな人います!(ノД`)・゜・。
ぼく
ポポポポポ( ゚д゚)゚д゚)゚д゚)゚д゚)゚д゚)ポカーン…


ちょっと何言ってるかわかんないです。。と自分の中にサンドウィッチマンを800回は召還させたでしょうか。かなり受け入れるのに時間はかかりましたが、まぁ彼女の幸せを願うのが筋だなと思い、円満に別れました。そこからまた寝取られるのが怖くて真剣に女性と向き合えないクソヤローを数年経たあと、一昨年の11月、そんなの吹き飛ばすくらい、ある女性を好きになっちゃいました(ノ∀`)アチャー


前のこともあったので、すぐに結婚しようと思い、向こうの両親に挨拶をすませ、婚約指輪を見に行こうと着々と準備を進めている段階で事件発生。

知り合いのバーの店員さん
君の彼女うちの店でコンパして持ってかえられちゃったよ!
ポポポポポ( ゚д゚)゚д゚)゚д゚)゚д゚)゚д゚)ポカーン…


ちょっと何言ってるかわかんないです。。と自分の中にサンドウィッチマンを800回は召還させたでしょうか。(反復)しかし一回目の時よりも衝撃は強く受けませんでした。受け入れるスピードも進化していました。この時僕の辞書に新しい言葉が追加されました。


ネトラレ慣れ

【名詞】寝取られ慣れること。m9。゚(゚^Д^゚)゚。イツツカウネーン



そう、一回目の試練で少し慣れていたのである!ヽ( ´¬`)ノ ワ~イ

大人になったら "ネトラレ"って映画を撮ってやろうと心に決めました。'`,、('∀`) '`,、


"あなたはきっと寝取られている"

みたいなコピーを糸井重里につけてもらっちゃおうかな。ワーイ ( ^_^)o-o<※ ☆ パンッ


とまぁ不幸話はこれぐらいにしまして、本題にうつります。



なぜ僕はこの1年を今までの人生で最高の1年だと言えるのでしょう?


強がりじゃないですよ?ほんとですよ?色々つらい事もありましたが、自分にとってかけがえのない1年になりました。僕が言いたいことは要するに、周りから見て不幸に思えることが起こったとしても、それは自分が感じる幸福感とはあまり関係がないということです。


20世紀の偉大な哲学者であるヴィトゲンシュタインは"きみの生き方が世界そのものだ" と言いました。


映画 "グッドウィル・ハンティング" では主人公のマッド・デイモンは、手に入れられるであろう地位や名誉を全部投げ捨て、最終的に愛に生きます。誰がなんと言おうとそれがその時点での彼の幸せなのです。(主人公は愛に対して大きなトラウマを抱えています。)


今年の諸々の出来事で全てを失ったことにより、幸福感はそのような目をひく出来事よりも、"自分が目標を持ち、それに対して前進できているか" の影響が大きく、そのために学ぶことができている、正しい習慣に基づいて行動できている、こういった日々の満足にこそ幸福の燃料が隠されているのではないかと思うようになりました。

アインシュタインは理論の善し悪しを判断する時、このように自問自答していたそうです。

みんなの読んで良かった!