第28話❀9割『捨てる』ことで人生が開運進行形に

1 / 2 ページ

 





 今日 お台場のレインボーの夜景を眺めていて


 昨日、紅白歌合戦の録画を見ていての「にじ」の歌


 一昨日 友人から送られてきた「なないろ」のスワロスキーのアクセサリー


 ちょうど一年前「なないろ」を意識すことになる

 偶然が重なる出来事があった。それは今回は割愛するとして


 「なないろ」と「虹」が = で この3日間でつながり


 今日たまたま「書道」の記事を読んでいて


 「書道」を30年ぶりに再開したくなった。と同時に


 ふっと3歳ぐらいで書道を始めた時


 一番最初に書いたお手本の文字が  そう「にじ」だったのだ


 当時 今用語でスパルタでカリスマと呼ばれていて

 何が幼な心で嫌だって感情的で、露骨な「依怙贔屓」


 ただ性格は置いておき  指導スキルは見事な「徹底した基礎基本の反復」


 正しく先生の望むように書けるまで終わることができず「帰れない」


 華やかな賞は獲れても書道が賞を取り先生のプライドを

 満足するためのツールと思え  事務的に書いているようで楽しくなかった


 そんなわけで、「にじ」から始まる感情的な先生を満足させる  「ストーリー」と



 反面、基礎基本は スパルタで反復ゆえ  当時 はらい、止め、言われたことが  

 身体に沁みつき筆持つと感覚が覚えていて多少練習すれば書ける


 という「三つ子の魂100までも体感」が 相重なり


 潜在的にネガティブな思い出だけど捨てられない「書道」の

みんなの読んで良かった!