二度と行くもんかと誓ったインドが今では故郷となった話。そしてこれからも(2)

1 / 2 ページ

Delhi Apr.26,2006 18:00頃
デリー空港到着。カルカッタ行きにトランジットしようとしたら、それらしきロビーがないではないか。どこ?と聞いたら、”あっちに行け”と出口の方向をさす。でもどこにもDOMESTICなんて文字がみあたらない。とりあえず出口出てみたけど沢山の人、リキシャー、タクシー、バスでごった返してる。
あわてて地球の歩き方をみると なんと国際線と国内線のターミナルが離れていて、荷物受け取り場所で無料バスチケットをもらえるというではないか。戻ろうとしたら、入るのに60rpが必要という。ええ!お金両替してないよ~。


 というところにとあるインド人青年が日本語で”こんなところにいると誘拐されるよ”と話しかけてきた。彼のおかげで空港内に戻れることに。
 彼の名前はディップ(30くらい)。ダル(29)と一緒に20:30頃JALで着く日本人を迎えに来ているという。カルカッタでボランティアの予定だと話すと、ブッダガヤで孤児のための学校をやっていて人手が足りないから是非ともうちでボランティアして欲しい、と。
なんとなく、これはおもしろそう、その日本人とやらも会ってみたいし、と思ってカルカッタ行きを見送ることに。


その日本人は ミネハハ というソロシンガー。"人形の久月”等を歌ってらっしゃるCMソングの女王でもある。
とてもパワフルな、そして誰に対してもオープンな方。
http://www.minehaha.com/
ミネハハがその学校のスポンサーとなっているようだ。


ミネハハとお友達で画家でもいらっしゃる忍さんに混じって夜ご飯を食べて同じホテルに泊まることに。


帰り、路上でなにやら騒がしいと思ったら結婚式に遭遇。
着飾った花婿さんが馬に乗って花嫁さんの家に迎えにいく。
老若男女がぞろぞろ。前方にはドラム隊。ぴかぴか大判蛍光灯
を持つ人たち。カメラを向けると花婿さんがポーズをとってくれ、キレイな色とりどりのサリーを着た女の子が微笑む。


 ディップが "本当はJAL到着の時間に合わせてくるはずが早く空港についてしまった。そしてそんなところに君と出会った。ご縁なんだ。有難い”と。


 次の日は街中を散策したり、ガヤ行きの電車のチケットを取りにいったり、夕方は映画を見に行ったり。
デリーはほこりっぽい。そして街中を歩くと誰もが私をじっと見る。敵対心なのか、好奇心なのか。でもなぜか怖くないんだ。




AGRA Apr 28-29
ブダガヤ行きの電車に乗るのは4/29。時間もあるし、ディップに”そしたら比較的近いアーグラでタージマハル見たら?”といわれ、一泊旅行で行くことに。ついでにツアコンでもある彼にガイドしてもらうことに。


 とにかくインドの交通事情は悪い。というか牛も人も車もリキシャもとにかくわれさき、と進むのだ。ちょっとでも道が開くと割り込む。車線なんでおかまいなし。しかもスピードも速いし。絶対、事故るよ~ とおもってたら やっぱり事故った車を見た。


 デリーから車で約4時間。アーグラーに到着。
そしてさっそくタージマハルを見に行く。
 教科書でみるまんま!美しい!!
観光客は外国人はまばらでほとんどインド人。


 アーグラー城から見るタージマハルも幻想的そのもの。


 アーグラー城で説明してもらった現地ガイドのおじいちゃんは私の写真をよくとってくれたのはいいけど、いちいち場所とポーズを指定する。


 帰り。おしめもしていない赤ん坊を抱きしつこくバクシーシをねだる母親。どんなにおっぱらっても着いてくるので1ドルを渡す。
 (私)”?”


なんでこんなに乞食が多いんだろうねえ??
お金あげても現実問題なにも解決にならないんだよねえ、どうしたらいいのかね?
ディップ
僕もずっとそう思ってたんだよ。子供は教育を受けたら改善されると思うから、だから学校を始めたんだ


やけに熱いぞ。普段はちゃらちゃらしているが その話をする彼の目は澄んだ目をしている。だからあんたに着いて来たんだ。 



DELHI → BUDDHA GAYA Apr 29 30


再びデリーへ。
ホテルに戻ったらディップとダルの弟達がリラックスしていた。大学で中国語を勉強しているダルの弟と、日本語を勉強しているディップの弟。ディップの弟は私の教える日本語を見逃すまいとしてノートに書き込む。あまりにも一生懸命だからもっていた電子辞書をプレゼントした。
夕方ディップとダルと共にデリー駅へ。弟達も荷物を運んでくれた。私は彼らと車両が離れているので弟が発車まで一緒にいてくれた。”サリー着たらインド人に見えるよ”だって。かわいい弟達だ。


駅は人でごった返している。日本の通勤ラッシュと同様。
戦争だ。

17:00デリー発。
周りはおじさんばかりななか、女の子とちらちら目が合う。
彼女の名前はRimjhimちゃん。14歳。地元カルカッタへ父親と向かっている。ヒンディー語を教えてもらったり、一緒にご飯食べたり。(ご飯は列車のチケットでセットになっている。アイス付き!)周りの人たちもほほえましく私たちを見ていた。
朝4時に起床して、支度をする。そしたら彼女も起きて来た。
GAYAに着くまでの一時間一緒に起きてくれていた。眠いのにね。そしてお別れのとき。きゅっとハグしてくれて"次はカルカッタきてね!電話ちょうだいね!”だって。


 BUDDHA GAYAではホームステイすることになっており、ホームステイ先のサントス(21)が迎えに来てくれた。 


仏陀が悟りを開かれた聖地、ブッダガヤは本当田舎でのどかなところ。ホームステイ先も両親とお兄さん家族とその他の人たちが住んでいるところ。近所の子供達も普通に家にいるので誰がどこのうちの子なんだかわからない。が、とにかく無邪気。そして家族の人たちもフレンドリー。

みんなの読んで良かった!