亡き母との確執で学べたこと…(ver.1.1)

1 / 4 ページ

…憎しみ、不満から感謝への昇華…親を憎んで、敵対視していて仲良くできない全ての人々へ~

親子関係でストレスを抱えている方は非常に多いのではと思います。
そして私も母とは確執…犬猿の仲でした。

親子の確執に関して心理学を勉強すると、幼少時の親の影響による自尊心の低さとか、歪んだ解釈のクセとか、愛着障害などの原因に辿り着きます。

…要は「親のせいで、仲良くなれないような価値観を持ってしまった」というところに辿り着きます。

しかし、こうしたメンタル問題の場合、工業製品の様に原因を対策するのは困難な場合も多いのが現状です。

例えば、2つの部品で構成された部品が壊れたとします。その原因は、片方あるいは両方の強度が弱いとした場合、それを強化すれば問題解決になるのですが、メンタル問題では自分の改善、あるいは自分も、関係する人(親)の両方を改善するのは「非常に困難」という壁に突き当たります。

その為、原因に執着してしまう…親が悪い、私は被害者だ…と思い続けることになりますが、その事により苦しみというメッセージが止まることなく限りなく続いてしまいます。


皆さんや、皆さんの周りにも、親子問題が進捗しない、変化がなく続く苦しみを抱えた人は多いのではと思います。

苦しみ続けるのに疲れた時…極限、底辺、ボトムラインまで苦しんだ時、人は「選択」を余儀なくされます。

一つは、これまでの取り組みに疑いを持ち、他人のせいにしたり被害者意識を持ち続けるのを止めて自分と向き合うようになること。

もう一つは、これまで通り、原因に囚われ苦しみ続けること。


これから書く話は、私がストレスで体を壊し、それをなんとかして治したくて心理学を学んだ結果、体調やストレス体質から回復できたけれども、結局は親が亡くなるまで和解できなかった…その代わり沢山の贈り物への気づきについての話です。

…もし、貴方やあなたの周りにいる、親子関係で苦しんでいる人が、その苦しみから脱出するきっかけになることを祈りつつ書いてみます。


…母の葬儀の日に撮影した田舎の風景です。


「ストレスで体調を崩すまで」


当時の私はサラリーマンで、妻と2歳の子供の父親でした。520キロ離れた故郷の両親とは別々に生活をしていました。

約8年前に父が亡くなった後、急に母が体の調子を崩すようになりました。

骨粗鬆とヘルニアの合併症か、足が痺れるようになり手すり付きの家での一人暮らしを始めたところでした。

それから年に一回、急に倒れては入院するようになりました。…当時、比較的近くに住んでいた弟が仕事で忙しかったのもありましたが、「何故か」私が母の様子見や予防を兼ねて、二週間に一度、0泊二日の高速バスで520kmを往復する生活が始まりました。

残念ながら家族との生活と田舎の母を行き来する間にいろんな事が起き始めました。

…田舎の協力者とのトラブルが起きたり、母が入院しても無理やり退院したり「急にキレル」など、精神的な問題も見え始めました。精神医に代理で診察して貰ったところ、アルコール依存症の疑いが生じました。

…毎日、仕事を定年退職後に朝昼晩とビールを飲み続けた結果でした。

そんな問題が生じたり、入院するたびに会社に連絡が入っては、仕事を中断し仕事の引き継ぎをすることは非常にストレスが高く、さらに医者から急に誓約書へのサイン等の手続きのために呼び出されたりすることにストレスを感じ始めていました。

…そんな自宅と田舎の往復生活を3年ほど続けた結果、体に異常が現れました。

…頭痛、だるさ、手のしびれ、異常発汗、早朝覚醒(睡眠障害)などが生じた為、結果的に会社を休職することになりました。


…それから約1年と半年後に、東日本大震災がおきます。


その頃は弟が母の世話をしていましたが、母が入居していた施設から、放射能被害を恐れ物資が入ってこないので引き取りに来て欲しいとの要請があり、弟の協力で自分の住む家で同居することになりました。

…しかし、制限を嫌い、我慢できない(急に外に出たいと怒る、皆が寝ている中を車椅子を壁にぶつけ音を立てて活動する等)、犬を連れての母との共同生活に、当時の妻が悲鳴をあげはじめました。

母の急な要求に対応できないと怒る、機嫌や態度が悪くなる、嫌味を言う事に当時の妻がストレスを感じ始め、その間に私が挟まれるようになりました。


しかし問題を収束させる事が出来なかったため、妻が母に施設への入所を決めました。

しかし入居後1年半で認知症の重い人ばかりの中での生活に馴染めなかったこと、職員へのクレームの多さなどから孤立し最後は摂食障害のような状態になって入院、施設を退所となりました。

その後、再び同居となりましたが、以前の不具合の再発防止として介護サービスを利用し、週末はショートスティに行くなど、お互いに適度な距離感をとるようにしました。

しかし、嫁姑問題が再燃し、ついには妻から離婚宣告を受け、受理しました。

…この頃は自分の体調や問題は「母のせいだ」という被害者意識で一杯でした。

離婚により私が精神的に限界だったことや、母が腎臓の問題で定期的に病院で人工透析を受ける必要が生じた事で同居が難しくなった事もあり、弟の近くの施設を探してもらい、2014年の7月に引っ越しをしました。

しかし引っ越しして間もなく体調を崩し10月ごろからは貧血気味になり、血液検査の結果、急性白血病と分かり12月に余命宣告よりも二週間ほど早く亡くなりました。

みんなの読んで良かった!