振られることが怖くて あなたの恋から逃げました

私はきっと、あなたに想われていたのでしょう。

確かめた訳ではありません。

そんな雰囲気がしただけです。あなたとその周りから。

だから単なる思い込みかもしれません。でも間違っていないと思っています。


あなたに応える素振りが全くなく、やきもきしたかもしれません。

興味が無いのかと落胆したかもしれません。

さぞ鈍い男と思われたことでしょう。

白状します。

気付いていなかったのではありません。気付かないフリをしていたのです。

ご存知かどうかは分かりませんが、私は会話が苦手です。

口下手で会話が続かない。気まずい沈黙。そんな場面が幾度もありました。

何かで読んだ、「喫茶店で2時間持たないダメ男」。

それに自分を当てはめていました。

ですので。こんな私は。

仮にあなたと付き合ったとして、あなたを満足させられない。

そう決めつけていました。

あなたと付き合えたとしても、すぐに愛想を尽かされてしまう。

そんな恐怖に怯えていました。

結果私はあなたの気持ちに目を背け、あなたの恋から逃げました。

好きになった人は別にいる、そう自分に言い聞かせながら。


今、私はあなたに謝りたい。

身勝手な恐怖であなたから逃げていたことを。あなたを無自覚に傷つけていたことを。

赦してほしいとは言いません。

ただ願わくば、あなたが幸せに生きていかれますように。


————

高校時代に出会ったあの人へ。

失う恐怖で何もしない、その選択が自分を責めたという話。

著者の石黒 雄太さんにメッセージを送る

メッセージを送る

著者の方だけが読めます

みんなの読んで良かった!

STORYS.JPは、人生のヒントが得られる ライフストーリー共有プラットホームです。