無いものねだりで、自分で自分を殺していることに気付いた瞬間


【無い物ねだりについて】


人にはそれぞれの才能があります。


・文書を書くことが得意

・初対面の人とすぐ仲良くなってしまう

・パソコンスキルにおいて右に出ない

など、、、


あなたにも得意ことが絶対あると思います。


しかし、人間は自分に足りない物を求めたがります。


・いいな、あいつだけなんであんなに会話が弾むんだろう

・相変わらず、あの子はキレーだよね

・あいつ、運動神経いいよなー


と、出来ることにフォーカスするのではなく、

無い物ねだりをしてしまう傾向にある人が多い気がします。


ハッキリ言って無い物ねだりしても

しょうがありませんよね。苦笑


だって他人とは、


今までの住んでいた場所

知り合った人

価値観

過去の経験

デフォルトの容姿


全てが違うから。


その人になることは出来ないし、

その人になる価値も無いわけです。


むしろ、他人と違う自分に

価値を見出す可能性があります。


他人と自分は違う。


この事実って、

【自分は他人にはなれない。】


という事実の裏側に

【他人は自分になれない。】


という真実があります。


あなたという存在自体に希少性があり、

あなただけにしか出来ないことが

あるはずなんです。


無いものねだりでいじけてしまったり、

嫉妬して感情が高ぶってしまう人も

中にはいるかもしれません。


●●みたいになりたい!!

と憧れを持っている方もいるでしょう。


どんなに行動を真似したり、

教えを守っても、

その人自身にはなれないということを

覚えておいてほしいです。


憧れに近づけても

憧れそのものにはなれないから。


でもだからこそ、自分だけの強みを

好きになってほしいんです。


自分は自分

相手は相手


無いものねだりで、

自分で自分を殺さないでください。


もっとみたいからは、

http://ameblo.jp/mylooseleaf

みんなの読んで良かった!

STORYS.JPは、人生のヒントが得られる ライフストーリー共有プラットホームです。