憧れという病気だった僕に

一昔前は、いろんな人に憧れていた。



ほとんど憧れという病気の慢性みたいな感じだった。

そういう人たちのところに出向いて、いろんなことを真剣にインタビューしたこともあった。 


あなたは、どうしてそんなことができるのですか。


あなたは、どうやってそういう風になれたのですか。






大体は答えは決まっていた。


「たまたま・・・」「偶然・・・」「運が良かったのか・・・」「いつの間にか・・・」


そういう始まりだった。


つまり、巡りあわせや運や偶然がテーマだった。





その答えに私はいつも不満足だった。


私が聞きたかったのは、戦略やコツや、普通の人との違いだった。


それがわかれば、私もちょっとでもその人たちに近づけるから。


私の問いを押し出しても、彼らは「そういうことも大事だけど・・・」とやんわり私の試みを止めるのだった。






彼らが出し惜しみをしたとは思えない。

あるいは謙虚だったと片づけるのもどうかと思う。


やはり彼らは本音を言っていたと考えられる。

彼らは、たまたま、あるいはいつの間にかそうなっているのだ。




なぜなのだろう、と思った。


常人以上の力を出し切ると、振り返ればそういう偶然のように思えるのだろうか。


あるいは、彼らはそもそも才能が有るので、川の流れに身を任すように生きると、生かされる場に自然に流れ着くのか。


それとも、ただの謙遜か。







でも、戦略やコツや自信のようなものは、彼らにはおそらく少なくとも最重要ではなかった。

何かに変わるという結果が目的ではなかった、ということ。 

みんなの読んで良かった!

STORYS.JPは、人生のヒントが得られる ライフストーリー共有プラットホームです。