3.11 in London

1 / 4 ページ

時差

あの頃の私と日本との距離はだいたい地球4分の1周。
時差は9時間。日本が3月11日を迎え、翻弄されていた14:46頃、私の体内時計はまだ5:46。バービカン・センターでのマーケティングのインターン業務に備えて深い眠りの中でした。
朝は友人からのメールから始まりました。
「たき、家族大丈夫!?日本、大丈夫!?」
飛び起きて、テレビを見ても、インターネットでニュースを見ても、わけがわからない。10年間の国外生活で何度も想像した最悪の出来事が目の前で起きていた。
日本が終わった。
故郷がなくなった。
私はただの地球人になった。
正直最初は本当にそう思いました。すぐにViberで家族の安否を確認し、それでも始まる一日に備えて混乱の中シャワーを浴びて、歯を磨き、フラットのドアを開け職場へ向かいました。
その時の私の心情は「混乱」以外の何でもなかった。
どうして私は職場へ向かっているのか。
どうして私はいつものようにPCを立ち上げその前日のマーケティングレポートを記入しているのか。
わけがわからない。
ずっと、NHKとTBSの放送していたUSTREAMを見ていた。どちらも同じ映像を流し出すとラジオ局を探して、facebook、twitter、新聞記事、ブログを読みあさり、友人1人1人の安否を確認し、頑なに手の届かない「現場」を感じようとしていました。
だってあの日の私を包んでいたのは、いつも通りのロンドンの重い空と乾いた空気だけで、世界はまるで当たり前に動いていたから。
ランチなんて喉を通らない。見えない、感じられない、その場にいないことの不安で、何も手をつけられなかった。
だからその日は早退。自宅でひたすらコンピューターと睨み合っていた。何時間も、何日も。

ロンドンの仲間

みんな私の家族の安否を気づかってくれて、何人もの人とメールと電話をしました。
facebookではメイン画面が一面
「My heart goes out to Japan」
ひたすら泣きました。
不安と現実と、優しさと混乱で。
あの日ほど、友人と恋人のサポートを重んじたことは無いかもしれないというほど、1人では耐え難い心情から、ひたすら泣いて泣いて、泣いた。

みんなの読んで良かった!