私の人生の分岐点【プロローグ】

最近、こんなことを考えるようになった。


今の私たちの生活は、様々な分岐点を決めたから成り立っています。


例えば…

・内定が複数あったけど、違う方を選んでたら…

・もしあの人と付き合ってたら…

・別の道を歩みたくなったが、普通の道を選んでたら…

・頑張ってたものを諦めず、続けていたら…

・あの時、借金を背負わなければ…

・もしもあんなバカなことをしなければ…

・逆にやってれば…

などなど。


別の選択肢を選んだとして、果たして同じ結末だったのでしょうか?

私は「NO」ではないかと思います。

なぜなら、仕事や恋愛等は、乗り移ることは出来るが、それでもやり直しの効かない時間軸の中での選択次第で違うからです。

まず、出会う人が違う、ふれあう物事も違う、時期も違う。

もはや決断していく形です、やり直しなんて無理ですよ。


俺は今の環境が嫌かと言われたら、好きです。

その生活になったのも、様々な分岐点があったから。

たまにイレギュラーで修正をかけたけど。


思い起こせば2012年の大学4年生の夏。

アレが全ての始まりかもしれない。

もし何もしなければ、どのような人生だったのかが気になる。

多分今よりメッチャ金持ってたと思うわ。

っていうことで、ちょっと分岐点を記録したくて、このような場にて掲載することに決めました。

結構した気でいることが多いので、時間はかかるかもしれませんが、ぜひ見ていただければと思います。

サイトからのお知らせ

STORYS.JPはあなたの一歩を応援しています

生き方は少しずつ自由になってきましたが、未経験分野への挑戦(転職)はまだまだ難しいのが現状です。これを踏まえて、STORYS.JPは誰でも実務経験を得られるサービス『adoor』をリリースしました。 最初はエンジニア職を対象にしています。STORYS.JPは、どんな人でも人生の一歩を踏み出しやすい世の中を目指しています。

実務経験は買える「adoor」

著者の宇田 光輝さんにメッセージを送る

メッセージを送る

著者の方だけが読めます

みんなの読んで良かった!

STORYS.JPは、人生のヒントが得られる ライフストーリー共有プラットホームです。