たかが名刺交換、されど名刺交換

1 / 2 ページ

こんにちは、今関です

私は日曜日に、友人のヒーロー関さんこと

関達也さんの全国セミナーに参加してきました

色々とためになる話をお聞きできて

非常に勉強になりました

そしていろんな方々と

名刺交換させていただきましたが、

良い名刺交換と悪い名刺交換が

あることに気づきました

セミナーやら懇親会に行くのに

名刺を持っていかないのはダメです

どこでどんな出会いがあるかわからないですからね

もちろん名刺は持っていくとして、

どんな名刺を持っていくのがいいのでしょうか

一番ダメなのは、

サラリーマンの人が

自分の職場の名刺を持っていくことです

経験的に職場名刺を持っている人に

「メールとかでご連絡していいですか?」

と聞くと、

「ウチの会社は厳しいのでダメです」

と言われます

名刺交換した意味無いじゃん

と思わずツッコんでしまいます(笑)

こういう名刺は残念ながらゴミ箱直行ですね

まずはサラリーマンでも、

自分名刺を作ることが本当に大切です

自分名刺を作った上でですが、

自分名刺も作ればいいってもんではありません

ゴミ箱直行になるか、そこでつながりができるか

それを分ける秘訣を教えます

■必ず自分の写真をいれること

これ、絶対に必須です

これをやらないと、覚えてもらうこともできないし

だいたいの名刺はゴミ箱行きになります

自分が受け取って

自宅に戻った時のことを考えてください

写真が無い名刺は、「これ誰だっけ?」

ってなりますよね

■SNSの連絡先を書けるだけ書くこと

サイトからのお知らせ

STORYS.JPはあなたの一歩を応援しています

生き方は少しずつ自由になってきましたが、未経験分野への挑戦(転職)はまだまだ難しいのが現状です。これを踏まえて、STORYS.JPは誰でも実務経験を得られるサービス『adoor』をリリースしました。 最初はエンジニア職を対象にしています。STORYS.JPは、どんな人でも人生の一歩を踏み出しやすい世の中を目指しています。

実務経験は買える「adoor」

著者の今関 庸平さんにメッセージを送る

メッセージを送る

著者の方だけが読めます

みんなの読んで良かった!

STORYS.JPは、人生のヒントが得られる ライフストーリー共有プラットホームです。