いつでもどこでも目で盗め!

こんにちは

今関です

私は昔、イタリアンの料理人をしていました

職人の世界では「目で盗め」なんて言って、

時代錯誤もはなはだしいと思っていました

でも経営者をしていると、

実はけっこう「目で盗む」機会が多いです

目で盗めば捕まりません

みなさんガンガン盗みましょー!


以前は、非効率だしバカじゃねーの

って思ってましたが、

実際そんなこと言うのは日本人だけだし、

ヨーロッパ人の料理人は

あけっぴろげに何でも教えてくれました

でも、経営者になって

「目で盗む」ことの大切さを感じています

経営者になると、なにかと人と会う機会が多いです

そこで大切なのは、

会った人から何を学べるかだとと思います

私は必ず会った人の

ファッション

使っているもの

こだわりのもの

好きなもの

こういうのを全て吸収して、

自分のビジネスにいかそうとします

お互いにあらためて教えあうのが

気恥ずかしいことでも、

「~を使っていらっしゃいますけど、

なんでですか?」

と聞くと、色々と教えてもらえることが多いです

稼いでいる方は、親切な人が多いですからね

最近私が気になっていたのが、

スマホとウィルコムとを二台持ちにしている

経営者さんが多いということでした

ある時気づいて、

「なんで二台持ちにしているんですか?」

と聞いてみたところ、

ウィルコムは法人で契約すると

・事務手数料が無料

・3年間基本料無料

・0円で本体が持てる

・月1500円で誰とでも話し放題のオプションあり

つまり法人契約をすると、基本料が無料なので

月1500円で電話がかけ放題なので、

通話コストをおさえることができる

と教えていただくことができました

もちろん次の日にウィルコムを契約しに行ったのは

言うまでもありません

いわゆる「目で盗め」というと

時代遅れな感じがしますが、

会う人、とくに結果を出している人と

お会いするときには

相手の方の行動を見て、

自分で取り入れられるものは

全て取り入れようとすることをオススメします

いくら目で盗んでも、捕まらないので

TTP(徹底的にパクる)しましょう!

著者の今関 庸平さんにメッセージを送る

メッセージを送る

著者の方だけが読めます

みんなの読んで良かった!

STORYS.JPは、人生のヒントが得られる ライフストーリー共有プラットホームです。