セミナーの質疑応答を勝ち抜くヒント

1 / 2 ページ

こんにちは

今関です

セミナーに行くと、

「なにか質問ありますか?」

と講師の方が言うことがあります

これからは、あれは質疑応答じゃなくて、

自己プレゼンテーションの時間と思ってください

それだけで人生が変わります

セミナーなんかの質疑応答の時間を、

バカ正直に質問の時間と思っていたらダメです

あれは、セミナー会場にいる人全員に、

自分を売り込む時間だと思ってください

だって、人のセミナーなのに、

講師を含めた全員の前で

しゃべるチャンスを与えられるなんて

よく考えたらありえないことですからね

講師に発言権をもらったら、

◇名前

◇どこから来たか

◇どんなビジネスをしているか

最低でもこれはしゃべりましょう

できればそれぞれに、

ちょっとウケをねらえるユーモアを

仕込むと最高です

そして質問の内容ですが、

これも本当に聞きたいことを聞いてもいいですが、

会場のウケをねらえるようなネタを

仕込んでおくといいです

やっぱり一番いいのは自虐ネタを

からめることですね

講師の方の話をアドリブで自虐ネタにからめて

質問するのが一番いいです

まぁそれはレベルが高すぎるので、

ユーモアをまじえたネタをいくつか準備しましょう

本当に聞きたいことは懇親会とかで聞けるので、

セミナー中の質問は自己紹介と思わないとダメです

サイトからのお知らせ

STORYS.JPはあなたの一歩を応援しています

生き方は少しずつ自由になってきましたが、未経験分野への挑戦(転職)はまだまだ難しいのが現状です。これを踏まえて、STORYS.JPは誰でも実務経験を得られるサービス『adoor』をリリースしました。 最初はエンジニア職を対象にしています。STORYS.JPは、どんな人でも人生の一歩を踏み出しやすい世の中を目指しています。

実務経験は買える「adoor」

著者の今関 庸平さんにメッセージを送る

メッセージを送る

著者の方だけが読めます

みんなの読んで良かった!

STORYS.JPは、人生のヒントが得られる ライフストーリー共有プラットホームです。