人脈の築き方

この日本に生まれて22年の月日が経った。これまでの人生のなかで満足してることや不満に思っていることは特になく、平凡な生活を送っている専門学生である。ただ、ひとつだけ自分が自信を持っていえるのは周りの人の環境に恵まれているということである。
高校生まではそんなに友達が多いわけでもなくこじんまりとした人生を送っていたが転機が訪れたのは大学生のときであった。そう。いわゆる「大学デビュー」である。入学式が行われる前に新入生歓迎パーティーというのがあったのだが、僕の学科ではない新入生たちがわんさかいた。それでも僕に話しかけてくれたり僕が話したら優しく対応してくれた。それからというもの自分自身がたくさん動けば動くほどいろんな人達と出会いがあると思うようになり、他大学のインターンシップやゼミの学祭ではリーダーを務めるなど常に動くことを意識して大学を過ごしてきた。もちろん出会いがあるだけ別れもある。今は大学時代の友人と会う機会は減少し、友だちというレッテルもどこかへ行ってしまった。友だちというのは少なくてもいい、一人いればいいと思う人もいるが友だちというのは動けば動くほど増えていく現象なのである。
もし、友だちがいない、出会いがないと言ってる方は是非自分から動いてみてください!自分の知らない世界が見えてくるかもしれません!
終わり

著者の宮前 源斗さんにメッセージを送る

メッセージを送る

著者の方だけが読めます

みんなの読んで良かった!

STORYS.JPは、人生のヒントが得られる ライフストーリー共有プラットホームです。