3月11日のこと

3月11日、職場で黙祷がありました。
はじまりの時間、2:46pm。
2年前、この職場、この席で、その時間を迎えていました。静かでゆっくりとした気持ちのわるい揺れが長い時間続き、周囲もザワザワしはじめました。
これ、私の眩暈じゃなくて地震?
会社支給の防災バッグとヘルメットの出番がきたか?
でも、しばらくして揺れがおさまり、それだけでした。
広告代理店なので映像媒用にテレビモニターが並んでいます。それぞれのモニターに各局での報道が映し出されました。見入る人々のどよめきが次第に大きくなり、そこにいた誰もが地震と津波の猛威に呆然としました。
その後…
次の大きな地震を想定して準備を整えなおしはするものの、私の周囲、とくに大阪では特に大きな変化もなく、日常が続いています。あっけないほどに。
私自身、個人的なことで手一杯、色々な面で余裕がなく、何かできないかと焦りながらも、わずかな寄付しかできず。
ただ、2年たった今も、たくさんのボランティアが被災地の内外で活動しています。復興にはまだまだ人手が必要なのだと思います。大切な人や日常生活を失った人たちへの心のケアも。
時間の流れ、状況の変化にそって、自分にできる支援を考え続けたいと思います。

著者のMayo Kさんにメッセージを送る

メッセージを送る

著者の方だけが読めます

みんなの読んで良かった!

STORYS.JPは、人生のヒントが得られる ライフストーリー共有プラットホームです。