遊泳禁止サンプル

結構いろんな話に使えるなあ、と思って考えているたとえがある。 







田舎にある川。


浅瀬があって、大小の岩があり、昔から地域の憩いの場になっている。


夏には子供たちが水遊びや川釣りをした。




でも、数年に一回は子供がその川で亡くなった。


流されたり、深いところにはまったりして、水死してしまった。


地域は色々な防御策や指導をするのだが、子供はスリルを楽しむので、


大人の目を盗んで危険なことをして、また悲しい事故が起こった。


犠牲者の家族は地域に責任問題を訴えている。




この状況でどうするべきなのか。


二つの選択肢がある。






一つは、川を全面的に遊泳禁止にすること。川べりを立ち入り禁止にする。


それでも危険なことをする子供はいるが、たとえ事故が起きたとしても、


一応の面目は立つことになる。


代わりにまだ安全なプールなどの公共施設の整備をすればよい。




もう一つは、何もしないこと。


これまで通りかそれ以上の防御策や指導は行っていくが、


禁止措置や罰則措置は行わない。


川は地域の共通財産であって、生活や文化教育に欠かせない。


多少のリスクはやむを得ないし、地域で補完していくしかない。




この二つのうち、どちらが正しいのだろう。


命は何物にも代えがたいというのであれば、後者は暴論になる。


犠牲者の遺族のクレームは収まらないかもしれない。




しかし、後者を選べば、地域には川がなくなることになる。


川とともに生きてきた地域性が失われる。


市民には川と親しんでいく自由がなくなってしまう。


それで、いいのか。






川をどうしますか。 


みんなの読んで良かった!

STORYS.JPは、人生のヒントが得られる ライフストーリー共有プラットホームです。