ウソをつくのはいけないことだと思っていたから

物事の捉え方。それは大別すればポジティブ/ネガティブとなるのでしょう。

自然とポジティブに捉える人もいれば、その逆の人もいる訳です。

今の私はネガティブに捉えるタイプ。ネガティブが前提であると言われたこともあります。


例えば仕事が忙しい時。職場にいる時間+外でも仕事をしているような時。

私の中で「忙しい」「疲れる」「キツい」等の感情が渦巻きます。

極端なものになると「もうイヤだ」とかも。

「これを乗り越えれば○○できる」「自分の力が試されている」「やってやろう」と捉えて奮起する人もいるでしょうが、私はなかなかそうはならないのです。

そして負のスパイラルへ。


どうやら私はポジティブな見方ができないと言うよりも、それを極力避けていたように思います。

ネガティブに見るクセが付いていたから。

つまりネガティブが真実で、ポジティブなものはウソだから。

ウソをつくのはいけないから。

*

*

*

このことに辿り着いた瞬間、心の中でバチッと音がしました。

「ああそうか。そうだったんだ。」と呟いていました。

ウソをつくのはいけないことだと思っていたから、ウソになることを嫌がっていたのです。

私は正直者でありたかったのです。真面目で誠実という周囲からのイメージ通りに。

何だかストンと腑に落ちた感じでした。


と同時に自分に都合良く解釈したって良いじゃんと、そんな気持ちも湧いてきたある1日なのでした。

みんなの読んで良かった!

STORYS.JPは、人生のヒントが得られる ライフストーリー共有プラットホームです。