英語と旅行と知らないおばちゃんに注意


自分は英語を独学でかなりがんばり最初にシンガポールへ行き、話したら英語が通じるので、自分の学習が正しいと確信できてうれしくなりそこから海外旅行へ行きまくった。とにかく積極的に英語を話した、当時の俺としては英会話スクールなんかもったいない、海外へ行けば、英語が好きなだけ話せるチャンスがあると考えた、実は俺は日本にいる時あまり人と話すのが好きではない。美容室では気を使っていろいろサービスで会話してくるが、勘のいい美容師だとすぐにこの人は話すの嫌いなんだなとわかってもらえる、なんでかっていうと、気を使ってしまい誰と話してもこっちが持て成してる気分になってしまい疲れるのだ。

返事のタイミングをずらしたりして会話がはずまないようにしてる。

俺が疲れないで話せる人は、日本に数人しかいない。

しかし、海外では違う、基本一人旅なので、自分の事をどうにかするのはすぐ慣れてしまうが、話す事自体が目的なのだだから、俺は海外で困っている人がいると積極的に助けたしホテルの交渉をして欲しいとか、まったく関係のないツアーの添乗員が、見捨てた精神病の薬が切れた人の面倒までみたし、英語が話せる機会があればトラブルだろうが危険だろうがどんどん自分から突っ込んで行った。それが楽しくて仕方なかった。しかしどんなことも慣れてしまう。

6カ国くらい目で飽きてきた。

それに観光客は金を出す立場であって客だからひどい発音でも積極的に聞いてくれるんだし、だんだん馬鹿らしくなってきた。

最初は文化の違いなどおもしろかったが、だから何なんだと思う様になってきた、しかし昔からだが、俺は頑張って雰囲気を作らないと、この人に話かけるとなんとかしてくれると思われやすいのだ。

俺はケアンズで本格的に飽きてきてそれがピークに成っていた、もうめんどくさくて帰り際は自分にとって必要な事以外はあんまり話さなかった。ケアンズは、自然が多く、気球に乗ったり、馬に乗ったりいろんな自然を楽しんで、英語を話す事の楽しさもだんだん消えて、なんか、英語にガツガツしてる自分も、なんだかな〜と言う気分に成っていた。そして帰りの飛行機の中で関西のおばちゃんが俺の2つ後ろの席で、そこをドイツ人が勝手に座ってる様で、おばちゃんが困っている様だっだ、しかしもう俺は、疲れてるし、正直俺に全く関係ないトラブルだ、俺はツアコンでもなく、飛行機会社の人間でもない。

無視して目をつぶり、自分の体験した自然のアクティビティを思い出し余韻に浸っていた。ラフティングは、経験して本当に良かった、ただ川下るのが何が面白いんだと思いパスしたが、2人組の女性が、すごく面白かった、絶対やったほうがいいと目をキラキラさせてたので、やってみたら、無茶苦茶楽しかった。どこが?と言われても言葉で説明できないが、やってみると面白い事もあるんだなと学んだ。旅行を思い返していると俺は突然平手で思い切りひっぱたかれた、さっきのおばちゃんだ、あんた英語できるんやろ、助けなさいよとまるで義務でもあるかの様で、しかも何の面識もないのに日本人同士というだけで肩をひっぱたかれて腹が立った。しかし相手がおばちゃんなのは、ずるい、怒っても俺が悪い事に成るし、無視しても、おばちゃんは絶対引かないだろう。

いつも思うのだが、困った時英語がわからなければ、日本語で言えば良いのだ。日本語でも怒ってるとか嬉しいとか感情はつたわるだろう。このばあいCAを呼び、自分のチケットをみせて、指差せば解決するし英語を話す必要などなく解決できるのだ。かなりイラっときたが解決させた、しかしおばちゃんはありがとうの一言もない。

肩痛かったしもう死んで欲しいと思った。

というのも、すでにおばちゃんにやな思いをしていたのだ、俺は現地でツアーを申し込みバイキングとアボリジニーのダンスをみた、胃が小さいので料理を少しずつ全種類たべようと決めていた、するとおばちゃんが、ポテトを山盛りにして持ってきた、「これおいしいのよ食べなさい」俺は耳をうたがった、このばばあ何いってんだ?と思い、いらないですと断った、正面の女の子にも同じ様に言って、「結構です」と断られていた。横の女の子にも同じ様に言って、「結構です」と断られていた。

ばばあは、山盛りのポテトを目の前にしてバイキングなのに仕方なくポテトだけを食べていた。わー、こんなおいしい物とってきてくれてありがとう、ポテトって食べた事なかったんだ〜って展開すると思ったのだろうか?

みんなにありがとうって感謝されるとおもったのだろうか?まったく意味がわからない頭おかしいんじゃないのか?と思った。

今ではこの手のおばちゃんをみかけると、積極的に逃げている。

理解できない行動で、トラブルを呼ぶからだ。

仲良くなったらなったで、笑って話しながらペチペチ身体を叩かれる、ろくなことがない

有名な観光地にはおばちゃんがいるので注意すべきです

みんなの読んで良かった!

STORYS.JPは、人生のヒントが得られる ライフストーリー共有プラットホームです。