支援の形

復興に必要なのは継続支援です。その時だけの募金じゃないし、そもそも募金は誰がどのようにつかうかわからないのが嫌でした。
大好きな日本酒の酒蔵にかろうじて連絡が取れた時、「樽は全滅、けど残ってる」「現金がなくてアウト」ということでした。募金に燃える人もいましたが、彼らの所にキャッシュは絶対にとどかないのです。
だから、震災から1か月半後「被災地の日本酒をのみまくる会」を開催しました。全員が代引で現地の酒をかってもってくる会です。
なぜ代引かというと、当時、宅配便の代引だけが、現金輸送手段だったのです。そして、樽がこわれても、残りはじゃっかんあるだろうと、それを分けてもらったのです。
あんなに日本酒をおいしく飲んだことはこれまでにないし、(酔いつぶれる人もおおかったけど)支援の気持ちに満ち、直接支援を達成したことを誇りに思います。
2回目は実施していませんが、この寄せ書きに対するコメントを肴に、さらなる支援の表明としてまた開催したいと思います。

サイトからのお知らせ

STORYS.JPはあなたの一歩を応援しています

生き方は少しずつ自由になってきましたが、未経験分野への挑戦(転職)はまだまだ難しいのが現状です。これを踏まえて、STORYS.JPは誰でも実務経験を得られるサービス『adoor』をリリースしました。 最初はエンジニア職を対象にしています。STORYS.JPは、どんな人でも人生の一歩を踏み出しやすい世の中を目指しています。

実務経験は買える「adoor」

著者の増田 真樹さんにメッセージを送る

メッセージを送る

著者の方だけが読めます

みんなの読んで良かった!

STORYS.JPは、人生のヒントが得られる ライフストーリー共有プラットホームです。