メキシコの漁師とMBA旅行者

2 / 3 ページ

きみにアドバイスしよう。

いいかい、きみは毎日、

もっと長い時間、漁をするべきだ。

それであまった魚は売る。

お金が貯まったら大きな漁船を買う。

そうすると漁獲高は上がり、儲けも増える。

その儲けで漁船を2隻、3隻と増やしていくんだ。

やがて大漁船団ができるまでね。

そうしたら仲介人に魚を売るのはやめだ。

自前の水産品加工工場を建てて、

そこに魚を入れる。

その頃にはきみはこのちっぽけな村を出て

メキシコシティに引っ越し、

ロサンゼルス、ニューヨークへと

進出していくだろう。

きみはマンハッタンのオフィスビルから

企業の指揮をとるんだ」

漁師は尋ねた。

「そうなるまでにどれくらいかかるのかね」

「二〇年、いやおそらく二五年でそこまでいくね」

「それからどうなるの」

「それから?

そのときは本当にすごいことになるよ」

と旅行者はにんまりと笑い、

「今度は株を売却して、きみは億万長者になるのさ」

「それで?」

「そうしたら引退して、

海岸近くの小さな村に住んで、

日が高くなるまでゆっくり寝て、

日中は釣りをしたり、

子どもと遊んだり、

奥さんとシエスタして過ごして、

夜になったら友達と一杯やって、

ギターを弾いて、

歌をうたって過ごすんだ。

どうだい。すばらしいだろう」

———————————-

ちょっとドキっとさせられる話ですよね

この話からいろんな学びがありますが、

働き過ぎちゃいけないって話だと私は感じました

「お金は全てではない」

というのは私はきれい事だと思います

だいたいの人が悩むことは、

お金があれば99%は解決できると私は思います

経験的に言って、

月収100万くらいまでは、

「収入=幸福感」と比例するのは間違いないです

著者の今関 庸平さんにメッセージを送る

メッセージを送る

著者の方だけが読めます

みんなの読んで良かった!

STORYS.JPは、人生のヒントが得られる ライフストーリー共有プラットホームです。