リバネスにJoinしたきっかけの話

2002年1月、大学3年生だった僕は進学しようか就職しようか迷っていた。
大学では電気電子工学科という学部に所属。まあ一般的に言えば皆電機メーカーに就職するのが世の常だ。
業界的には間違いない部類だったし、就職率も高い学科である。将来に不安なんて無かった。(まあ今を見れば…という感じであるが)
だからこそ迷っていた。
理系に進んできたのに学部で卒業しちゃっていいのだろうか。今まで理系思考だった人生で、それっぽいことを全然やらずに就職ってありえるだろうかと。そう思っていた。
就職活動中に、KSP(かながわサイエンスパーク)という場所でベンチャー企業の社長たちが集まって説明会をするという機会に巡りあう。2002年と言えば、ベンチャーという言葉が大分浸透してきた時期であり、個人的にも何もわかっていないながらベンチャー志向だった。(そこに何も根拠は無いのだが)
そこに出向いて色々な刺激を受けたのだが、それは本論とは離れるので置いておく。そのイベントの後にKSPのスタッフの方に進められたイベントがある。BLS(Business Laboratory for Students)という学生団体の年次総会だ。
関東近県の理系大学生が「理系が経済に明るくないなんてださい!」みたいな理由で立ち上げたとか。
イベント当日の朝、バーでアルバイトをしていた僕はひどく眠かった。正直な話、寝る前は明日行くのは無理だな…と思っていたのだが…
目が醒めたんだよね。
何かが違った。これは、BLSの第一回の年次報告会に足を運ばねばならないと勝手に思った自分がいた。
僕自身は、人見知りもするし、Awayな環境が苦手だったりする。そんな自分が行かなければならないと思ったのだ。
KSPについて、イベントを見て回る。なんだかわからないが、これからベンチャー企業立ち上げるぜと言っている人たちがいた。これが後のリバネスだ。
結果的に言えば、色々なことが終わり会場を後にする際に、たまたま現代表の丸にエレベーターホールの前ですれ違い、「お!次の日曜日に会議やるからおいでよ!」と言われて固く握手をした所からすべてが始まっている。
そう、当時は2002年。まもなく11年がたとうとしているが、僕はあれ以来、握手というものの重要性を意識しながら生きている。

みんなの読んで良かった!

STORYS.JPは、人生のヒントが得られる ライフストーリー共有プラットホームです。