バカ女子高生だった私が、東大に受かった次の日、「バカだと思ってた」と言われた話。

1 / 3 ページ

遅刻は年間60回以上。よく補習に顔を出す。


テストで2点を叩き出し、隣のクラスにまで知れ渡る。


サボリが多く、「あと一回授業を休んだら留年です。出席して下さい。」という手紙が先生から届く。


試験をサボって友人とラーメンを食べに行き、追試をくらう。


授業態度の悪さから、座席は常に一番前の列、真ん中の「お見合い席(うちの高校ではそう呼ばれていた)」。




そんな、ふざけた高校生でした。



「大学行かないで、中東に行って石油王になるよ」



そんなバカげたことを「将来の夢」という課題に書いたりしているバカな高校生でした。


高校のレベルは中の上で、私の受験する前の年に1人だけ、東大合格者が出ていました。


翌年、自分が東大に合格するとは、生徒も先生も誰も思っていなかったと思います。


高校時代の自分は、東大に行く、と決めたものの本当に行けるのか不安で、しょっちゅう携帯で、「バカ E判定 東大 合格」と調べ、似たような境遇(成績のふるわない所から東大受験をする例)の人の合格体験記を探していました。


この体験談が、そんな昔の自分に似た後輩たちのためになることを願って。



まず、私がなぜ東大に行こうと思ったのかを少しばかり。

一番大きな理由は、ギャルっぽい高校の同期に、


頭、弱くね?www


と言われてカチンときたことです。笑


それまでは点数悪いね、と周りからひやかされたって、点取れるかどうかなんて、時間を割くか割かないかの違いじゃん、とヘラヘラしていたのですが・・・。

その時は、自分という人間全体をバッサリ否定されたような気がして、腹が立ちました。


ぎゃふんと言わせたい。点数なんてどうにでもなることを、証明したい。

よく知りもしないくせに、他人に自分の能力を決めつけられるのが嫌。


そう思って、私はこっそりと勉強を始めることを決意しました。これが、高校1年の終わりくらいでしょうか。

みんなの読んで良かった!