私が体験した商売の原点は!!セブンイレブン流 パート・アルバイトが商売人に変わる物語!!

【実は、誰でも便利なコンビニには、素人が商売人に変われる!ラーニング・ゴールが存在した!】

《世界最強の小売業セブンイレブン流 仕事術を学べる教室へのご招待券》

 日本の世界№1ブランドのひとつであり、その規模は世界16カ国の地域に約5万店という      世界で一番店舗数を誇るチェーンストア企業、セブンイレブン。


 創業者で現在は株式会社セブン&アイ・ホールディングスのCEO、代表取締役会長の鈴木敏文氏(2014年3月現在)を始め日本人7人が創り上げたノウハウが世界でも評価されている〝事実〞があります。

 なぜ?セブンイレブンで働いた経験は強みになるのか?

【幻のロングスカートの表紙はここだけでしか見れない超レア!!!!!!!】

それは、仮説をもって挑戦し続けるスタンスとお客様の立場で「基本の徹底」と「変化への対応」

を実践するからです。
そんな中で、私は日本人が持っている強みを取り入れたノートメソッドに気がついたのです。
ノートを通じて素質に関係なく「スタッフは商売を覚え」
「店長、SVは指導力を身につける」ことができる、
 すべての人材に通用する本当の仮説を実践するノートなのです。
「これまで一度もノートをとったことがない」そんな人は、日本にはきっといないはずです。
 

すべての日本人が世界に誇れる武器のひとつに「書く技術」を身につけています。
 学校の授業はもちろん、社会に出ると日々の仕事、いろんな場面で「書く技術」を使っていますが、本当のノートのとり方がわからず、成功経験もないから書く行為が苦痛でしかないのです。
 


これは、固定観念です。そうではなく、非常識発想の観点から仮説という「最大武器」をもって


セブンイレブンに学び、体験してできた最強チームの作り方があります。


少しその話について書きますので、競争激化・採用難時代の今を商売されているひとのきっかけに

なれば幸いです!!

【全員で共有することで個と組織の成長を促しチーム・ビルディングを創りあげる】


【アルバイトに業務を任せる自信はありませんか?】

 一般的なサービス業では、パート・アルバイトは「作業」に集中して時給をもらうことが多いでしょう。この考えは、ある意味で正しいと思います。

しかし、同じ時給800円でも、時間単価で「作業」をするスタッフと、自分で「答え」を出して「仕事」をするスタッフでは、その後のお店の差別化という点で、圧倒的に違ってきます。

結論からいえば、学生や主婦のスタッフに業務を任せる風土があるお店は強いのです。

それを経営サイドが記憶から記録に変えるのに商売ノートをスタッフ全員にも仮説を毎回立てさせて書いてもらうのです。

 明日はどんな商品が売れ筋になるのか、スタッフがその「仮説」を立ててみます。そうすると、実際に発注した商品が売れたかどうかが気になるものです。そこで、販売結果をデータでチェックします。これが「検証」になります。

 スタッフに仕事の仕方を教えるときは、お客様の立場で考える「仮説」も同時に教えて、アイデアが出るように仕掛けをします。

 学生や主婦のスタッフにも「仮説」を求めるれば、従来の発想に疑問をもち、新しい価値を発想する「仮説思考」を全員にもたせることにより、新人スタッフの中からすぐに輝ける「スター」を見つけることができるのです。

「決められた時間、決められた作業をしてもらうスタッフが当たり前」という常識を今日から育成する側は、忘れてほしいと思います。

 「仮説」を基に仕事をすることで、学生のアルバイトや主婦のパートも成長し、お店の即戦力になるのです。

【商売を通じて学び、仕事をすることで自ら考える商売人を育成していく】