人生で一番大切なものはフラダンスが教えてくれた

1 / 3 ページ

私は幼い頃から、これと言った特技もなければ夢中に取り組む趣味もありませんでした。勉強も人並み程度だったし、将来の夢もありませんでした。

自分にも何か熱中できるものがほしい、人前に立ちたいという思いからジャズダンスを習い始めたのは小学5年生の時でした。

ダンスは楽しかったし、ステージに立つこともワクワクしました。

でも、今の自分から思えばあの頃の自分にとってジャズダンスは決して夢中になっているものではなかったかのように思います。


6年生になり中学校からは英語も始まるということで、英会話スクールに通い始め、徐々に上達していく英語を楽しんでいました。中学校に入学してからは唯一得意だった英語がどんどん好きになり、海外にも興味が湧くようになりました。

高校は国際高校に進学して、興味本位からオーストラリアホームステイのプログラムに参加しました。


初めての海外生活


△ステイ先の子供たちと私です。


それは日本での生活と何もかも違い、またその違いについて互いの文化を理解しあい楽しむ日々は、私にとって実に輝いていて刺激的でした。

強く記憶に残っているのは、現地の中学校で「ソーラン節」を披露した時です。

プログラムに参加した生徒達で日本の文化を紹介しようと、オーストラリアの中学校でソーラン節を披露しました。しかし、法被を着て力強い音楽に合わせて躍るソーラン節を見るのは初めてだったのでしょう。はじめは見たことのない異文化の踊りを見て笑う生徒もいました。

正直、躍っていることに恥ずかしさも感じました。

それでも、自分は日本の文化を披露しているという意識をもち、精一杯躍りきると、目の前では体育館に集まった生徒たちが皆、スタンディングオベーションしていて、アンコールを求める声が鳴り止みませんでした。

その光景を見て、私は思わず涙ぐんでいました。ステージを終え、何人かの生徒たちがソーラン節を教えてほしいと近寄ってきてくれた時の嬉しさは忘れられないし、特にダンスが好きだった私は、どんなジャンルであれ異文化交流に繋がる踊りの魅力を強く感じました。

他の学校にも訪問してソーラン節を披露し教える機会が何度かあり、その度に異文化交流の楽しさを感じました。


△ソーラン節を披露した後です。



新たな決意


今後もずっと外国の文化に触れあっていきたいと決意したのもこの頃でした。もっと沢山の国に行って、様々な文化と触れ合ってみたいという漠然とした夢を抱き、大学は外国語大学に進学しました。大学では、フィリピン語専攻に属していて主にタガログ語とフィリピンの文化について学んでおり、部活動としてフラ・タヒチアンダンス部に入部しています。


このフラ・タヒチアンダンス部こそが今の私の原点となっています。

まさに今の私は、「フラ・タヒチアンダンスに熱中している」この言葉に尽きます。




フラを始めたきっかけ


4月、大学に入学したばかりの私は、新入生歓迎会で初めて部員が躍るフラを見ました。フラには、自分が今まで知っていた通り、可愛らしく、見ていてうっとりするような印象を受けました。

首から白いレイをかけ、ピンクのスカートで躍る姿に、ただただ「可愛い!」と、初めはこの想いだけでした。


△4月の新入生歓迎会で、桜のもと躍るダンサー


みんなの読んで良かった!