まだ「金持ち父さん」になれていないあなたへ

1 / 2 ページ

http://fanblogs.jp/asean/archive/13/0

 あまりに有名な「金持ち父さん」シリーズですが、いまだに国内では年収1000万を超える割合が1%。多くの方は、「参考になった。その気になった。」そこまで。

 それじゃダメでしょう!

 軍資金とスキマ時間に乏しく、先行き不安で優しくなれない同志に捧げます。

 私はFXから初めて、投資で大切な勝ちグセを身につけ、1年で海外の不動産まで所有するまでになりました。確かに、父は一級建築士という恵まれた環境で、気がつけば20年間不動産業に関わり、60億円以上の個人資産を縁結びしてきたという実績があったから成せた技ではありますが、実は、ドツボにはまってマイナスからのリスタートでした。

 私は玄人ゆえの過ちを犯しましたが、復活しました。皆さんは、私がメンターになるから、ご自身で苦労しないでいいです。今の生活は9割そのままで1年後の不動産取得。5年でラットレーサー卒業。10年後のハイパーボヘミアンを目指しましょう。

 私が引っ張りますので、本気を出しませんか?

 黙って読み終えないで下さいね。あなたは、他人より自分に甘いので、必ず、自分の変化(気づくことが大切)を誰かに伝えて下さい。あなたが自由を手に入れ、ストーリーを語ることを待っている人がきっといます。


はじめに~貧乏父さん、小金持ち母さんのもとに生まれて


●貧乏父さんと小金持ち母さん


 私の父は、上場企業に勤めるサラリーマンでした。

 私が小学生の頃は、朝は6時くらいに家を出て、自転車で15分かけて最寄駅まで行き、さらに1時間以上も電車に揺られて出勤していました。夜、帰りがどれだけ遅くなっても、朝はきちんと起きて会社に出かけていく。

 私はそんな真面目な父が好きでした。

 

 一方で、父には著しく欠落していることがありました。上場企業のサラリーマンとして立派に稼いでいたにもかかわらず、生活にどれくらいのお金がかかるのかも含めて、お金に対する知識と理解がまったくなかったのです。

 父はお酒が大好きでした。そして、好きなことにいくらでもお金をつぎ込むような人でした。といっても有名人が一度に何十万、何百万も散財するような豪快さはなく、行きつけのスナックで飲むくらいのささやかなものです。

 けれども、父は「我慢する」ということを知らなかった。普通のお父さんなら、自分の稼ぎと照らし合わせて、「飲み代はこれくらいにしておかないと奥さんに叱られるな」といった計算が働くのでしょうが、父にはそういった経済観念がまるでなかったのです。

 一回の飲み代は大した金額ではなくても、それが毎日続けば、サラリーマンの稼ぎでは家計が苦しくなるのは当然。それでも父は、自分が「贅沢している」ことにまったく気づいていませんでした。

「こんなに一生懸命に働いているのに、お金がないはずがない。お前が隠しているんじゃないのか」

 銀行口座にお金がないとわかると、父はこう言って母を責めました。


 そんな父でしたから、母は苦労していました。

 母は、私を生んでからはずっと専業主婦でした。収入といえば、たまにスーパーなどのパートで働くくらいです。父の稼ぎは、その多くが父の交際費に消えていくような状態なので、あてにはできません。

 私には6つ下の弟がいました。食べ盛りの息子と二人と経済観念ゼロの夫をかかえ、生活費のやりくりや教育費の工面には相当頭を悩ませたに違いありません。

 そんな苦労のなかで母は、小額から株などの投資を始め、みずから経済的自由を生み出していきました。母はもともと数字に強く、やりくり上手でした。資質やセンスもあったのでしょう。

 それに彼女は、夫や子どもたちに対し、深い愛情にあふれた妻であり母親でした。

 特に私たち二人の息子に対しては、家にお金がないことで卑屈に感じさせたり、可能性の芽を摘み取るようなことはしたくない、という執念にも似た思いがあったようです。私は子どもの頃、自分の家が貧乏だと感じたことは一度もありません。母は、二人の息子にひもじい思いをさせないだけでなく、私と弟を大学にまで出してくれました。

 父が亡くなったいまでは、いくつかの不動産とベンツ二台を所有するまでになっています。


●幸せとお金の関係


 お金さえあれば、幸せな暮らしができるのか。

 そうではないことを、父が教えてくれました。

 上場企業で働きそれなりの給料をもらっていても、浪費するばかりで、お金を正しく使い増やす術を知らなければ、いつまでたっても貯金ゼロで家計は火の車。お金はいくらあっても足りません。自分のやりたいことや夢を実現できないばかりか、大切な家族の生活を守るという責任すら果たせなくなります。

 実際、年収一千万以上を稼ぐサラリーマンでも、貯金がなく将来に不安を抱いている人は少なくないと聞きます。年収の多さが幸せに比例するわけではないのです。


 もちろん、お金はあるにこしたことはありません。お金があれば、行きたい場所にも自由に旅行できたり、子どもが望む習い事をやらせてあげることができます。

 では、お金がなければ、幸せにはなれないのか。

 そうではないことを教えてくれたのが、母でした。

 お金があることよりも大切なことは、「お金とうまくつき合う」ことです。お金について正しく知ること、そして、お金を生み出し増やす方法を知っていることです。

みんなの読んで良かった!