絶賛 断捨離決行中!!              第52話❀「今」-(マイナス)9割『捨てる』=人生開運

 
   人間分析学を学んでから

 自分がよくわかるようになり

 結果、自分の特性・センス・強み・素質・本質的性格に

 モノゴトをシフトするように


 それ以外はどうでもよくなり

 気持ちがとてもラクになりました。

 例えば、私にはビジネスに必要でどうしても欠かせない  「マーケッティング」の職業適性が実は全くありません。    「ゼロ」です。

 その替わり、別の適性がその分当然強く

 であるなら、マーケッティング(営業・集客)スキルは  一切自分では考えないことに

 幸いですが・・・私の大家業の特徴が

 私が入居者を見つける必要がなく  「仲介業者」さんが探すので

 担当者がマーケッティング能力つまり営業能力が高い人であれば  なんら問題なく

 大家業を始めたのが、人間分析で自分知る前だったので

 不幸な中の幸いというか・・・必然だったということ。

 実は 友人で 自分の営業力に違和感を感じ相談され  人間分析学のデータをとってたら

 友人も「マーケティング」スキル0で本人が長年悩んでいたことが  すべて解決しすっきりしたと。

 別の友人は、逆で・・・手先が器用だったので  「モノづくり」が適性かと思っていたら  実は「マーケッティング」のスキルしかなかったことを知り  ブログをまじめに書き始め   やっぱり文章が「うまい」と思った。

 このように、自分の色々なことがわかると  仕事もそうだけど、何ゴトにおいても

 「関わらなくてよい」自分にない部分は

 それが強みの人に替わってもらったり  一切しなくても問題ないことはしないと  決断ができ

 人間 実は徹底して自分の「強み」に絞った方が

 まず気持ちが前向き  スムーズにできる  同じことするにも時間がかからず  何と言っても続けることができる

 人生において、続かないことは自分の「強み」でないことばかりで  中途半端な9割より「本命」の1割と

 考え方を変えると 頭がすっきりし

 あれもこれもから解放されて気分もすっきりするということ

 これは仕事以外の何事にも  言えることではないでしょうか・・・  

著者のあっきー あっき~さんにメッセージを送る

メッセージを送る

著者の方だけが読めます

みんなの読んで良かった!

STORYS.JPは、人生のヒントが得られる ライフストーリー共有プラットホームです。