独りよがりのカレー屋さん

こんにちは

今関です

事務所の近くに独りよがりなカレー屋があります

行くたびに

お客さんにとって嬉しくないサービスは

むしろやらない方がいいと

考えさせられます・・

ダメ出しなので、特定されないように書きます

事務所の近くにカレー屋があります

そこのお店ではカレーを注文すると

5品までトッピングをつけます!

というのをウリにしています

そのトッピングも意外としっかりしてて、

コロッケだったり

タンドリーチキンだったり

なかなかのものです

「無料のトッピングでどこまでできるか挑戦」

というのがお店のコンセプトなので、

まぁそうやって言うだけのことはある

なかなかラインナップです

なので、私もたまに食べに行くのですが、

そのたびにいつも必ず耳にする

店員さんとお客さんのやりとりが

お客さん:

「同じトッピングを2個ってダメですか」

店員さん:

「ダメです」

そして、お客さんはちょっとムッとしながら

5個別々のトッピングを選ぶわけです

きっとそのカレー屋さんは

トッピングに自信を持っていて

きっと何種類もお客さんに食べて欲しいと

思ってるんでしょう

いや、うがった見方をすれば

残り物をはけるために何種類も

トッピングを出しているのかもしれません

そのへんはわからないにしろ、

とりあえず一つわかることは

「トッピング5種類をお客さんは望んでいない」

ということです

つまり言ってしまえば

完全に独りよがりなサービスを

お客さんに押し付けて

「うちのサービス、どやっ!!」

としてるわけですね

しかも、お客さんの期待を上げて落とすわけなので

ヘタしたら、最初からやらないほうがいいくらい

印象が悪くなる可能性もあります

お客さんが何が喜ぶか

これはもう答えは「市場に聞け!」しかありません

そして、どんなに自分で自信があるサービスでも、

お客さんが望んでいなければ

臨機応変に変える柔軟さが必要ですね

特に自分の思い入れが強ければ強いほど
目が曇ってしまうことが多いです

気をつけないといけないですね

サイトからのお知らせ

STORYS.JPはあなたの一歩を応援しています

生き方は少しずつ自由になってきましたが、未経験分野への挑戦(転職)はまだまだ難しいのが現状です。これを踏まえて、STORYS.JPは誰でも実務経験を得られるサービス『adoor』をリリースしました。 最初はエンジニア職を対象にしています。STORYS.JPは、どんな人でも人生の一歩を踏み出しやすい世の中を目指しています。

実務経験は買える「adoor」

著者の今関 庸平さんにメッセージを送る

メッセージを送る

著者の方だけが読めます

みんなの読んで良かった!

STORYS.JPは、人生のヒントが得られる ライフストーリー共有プラットホームです。