「コイツはダメだ」 そう思われたくなかったのは

ある日のこと。

職場の人A
この対応はダメでしょう。お願いしますよ。
………。
職場の人B
なんでこういう風にしたんですか!?
なんでこれはやらないんですか!?
………。
職場の人C
(聞こえよがしに)私あれダメだと思うんだよねー
………。

こんな日もあるものです。

1日に厳しい言葉を何度も浴び、私はすっかり意気消沈してしまいました。

モヤモヤを抱えながら家に帰り、そのまま不貞寝


…などはせず、深夜の散歩へと繰り出すことにしました。

歩きながら起こった感情を見つめてみようと思ったのです。

愛用のウインドブレーカーに身を包み、家を出たのは夜の1時半を少し回ったところでした。


道に沿ってまっすぐ進むことにし、静寂の中ひたすら感情にフォーカスしました。

最初は悔しい、やってられねぇ、イヤになる等々マイナス感情のオンパレード。

それでもそこで止まらず、歩き始めてしばらく経ちました。

どうやら自分は人から「コイツはダメな奴」と思われるのがイヤなのではないか、と思い至ったのです。


そうなると

信用してもらえない感じがする。

それによって

人が離れていく。

そこにあるのは


寂しい。



と、言うことでした。

その瞬間モヤモヤはなくなり、自分の中がまばゆいぐらいに輝き出すのを感じたのです。まるでダイヤモンドのように。

ついでに「人を信じられないのは結局自分を信じられていないから」という言葉を思い出しました。

完全に開き直りましたとも。


言いたい奴には言わせておけば良い。

大丈夫。自分がいる。


—と。


ちなみに散歩はもう少しだけ続き、小休止の為コンビニに寄ったのが3時前。

帰り着いたのは3時20分頃でした。

みんなの読んで良かった!

STORYS.JPは、人生のヒントが得られる ライフストーリー共有プラットホームです。