好きを仕事にするべからず

こんにちは

今関です

「好きなものを仕事にしましょう」

と学校で教わってきますが、

あんなもの嘘っぱちだと思っています

「お金になるかどうか」

これが全てです

私は「好きなものを仕事にしよう」教育の

被害者かなぁって思っています

おかげで、何になっていいかが全くわからずに

20代後半までフラフラ生きてしまっていました

まぁ今となっては自分の

ダメマインドのせいだと自覚しているのですが

学校とかで

「お金になるもの、ビジネスになることをしよう」

と言われていれば、

こんなに遠回りしなくてすんだかもしれません

そして最近気づいたのですが

お金になって稼げるなら

なんでも「好き」になれることに気づきました

例えば、私競馬が全然わからなかったのですが、

競馬のトレカが稼げるとわかって扱っているうちに

競馬が大好きになったし、

競馬マニアの人と

対等に話ができるようになりました

あと、私は二次元の女の子に一切興味がなくて

現実の女の子とデートしたりするのが好きですが、

いわゆる「萌えフィギュア」が稼げるとわかって

取り扱っているうちに

そういう女の子のキャラ名もけっこう覚えました

ガチマニアの人とも、

「このキャラの尻のラインがいいね!」

とか語り合える自信あります

というわけで、結局稼げれば楽しくなって

なんでも好きになってくるので、

「好きなモノを探して、それを仕事にする」

は順番が逆で

「稼げるモノをみつけて仕事をし、それを好きになる」

が正しいと、私は思うわけです

なので、

「好きなモノが見つからない」人も大丈夫です

やりたいことがわからない人は、とりあえず

◇コピーライティング

◇ダイレクトレスポンスマーケティング

◇ヤフオク・Amazonでものを売る方法

◇人前で話すスキル

これをしっかり勉強しておけば

後でどうにかなるのでオススメです

野菜ソムリエとか何とかマイスターみたいな

とっても役に立たない資格よりも

これから先何年、何十年にもわたって

使えるスキルを学ぶようにしたほうがいいですね

著者の今関 庸平さんにメッセージを送る

メッセージを送る

著者の方だけが読めます

みんなの読んで良かった!

STORYS.JPは、人生のヒントが得られる ライフストーリー共有プラットホームです。