【世界一可愛いおばあちゃんになったる宣言!】Baby Angel ♡ 赤ちゃん天使がくれた贈り物

1 / 11 ページ

【世界一可愛いおばあちゃんになったる!】


だだ〜ん!

発表します!


もうすぐ、私に孫が生まれます!!!


=私、おばあちゃんになるんだあ!


娘はドイツ系白人とのハーフ(ダブル!)で

娘の子どものお父ちゃんはイギリス系だから

孫は日本人の血、1/4

私の孫には見えないだろうなあ。


娘の時でさえ、ベビーシッターみたいだったから

孫、抱いていたら、少数民族のベビーシッターだな!


なんて呼ばせようかな。

グランマなんておもしろくないし、

バーバもなあ。

ナーナにしようかな。


なんてね・・・



でもね、今は笑って言えるけど

ここまでスムーズに

歓びいっぱいできたわけじゃない☆


そこには葛藤と涙と祈りがあった。


怖れも怒りもいっぱい出てきた。



そんなすべてが

赤ちゃん天使からの贈り物だって

心から想えるまでの物語を綴ろう。



あなたが生まれて来ることへの感謝を込めて・・・





【娘がみた夢】


人生って

想いもしないことがおきるもの。


そんな予期していなかった事態がおきた時

どう反応するか、で人生が変わる。



それは突然目の前に何本もの川の流れができて

どの流れに飛び込むかで

行き着く先が違って来る、そんな感じ。


でも一旦、どの流れに飛び込むか決めたら、

あとは、その流れに身を委ねるしかない。




去年の夏のある日、娘から電話があった。



変な夢みちゃった!

Jにそっくりな男の子の赤ちゃんを産む夢。

ママと赤ちゃん抱いて、
自然食スーパーで買い物してさ、
すごくリアルな夢。

だけど、避妊してたから、
そんなのあり得ないけどね。

でもさ、夢の中で、ママったら
赤ちゃんのためにあたふたしちゃってさ。

おかしかったよ♡



そして、二人で笑った。


それは今の時点では、あり得ないことであって欲しい話だ。


娘はその彼とは別れたばかりだったから。


その頃、娘は体調を崩して不調を訴えていた。

医者によると甲状腺の異常が観られるとのことで

その治療が必要だと言われたとのことだった。


しかし、その後、だんだん彼女の症状は重くなっていった。



友達が、それって つわり じゃないの? っていうから まあ、あり得ないけど、安心するために一応テストしてみるね




そんな気楽な声で娘から電話がきた。



しかし・・・


その後かかってきた電話の娘の声は

重く沈み、泣き声だった。


2回テストをしたけど、2回とも陽性。

つまりそれは妊娠している、ということ。



私も声がなかった。


頭が真っ白になった。




お願い!堕ろせって言わないで!




私の心をよぎった想いを読み取ったのだろうか。


それを断ち切るように、娘が叫んだ。



【悪夢】


その時、私の記憶のスクリーンには

走馬灯のように自分の若いころのことが蘇っていた。


私は、23歳だった。

スウェーデンに留学中だった。

みんなの読んで良かった!

他5コメント
STORYS.JPは、人生のヒントが得られる ライフストーリー共有プラットホームです。