「東北復興の現在」が未来に変わった言葉のチカラ

1 / 4 ページ



「また来るね、また来てね」

東北復興ツアーの合言葉から生まれたのが「東北ふるさと課(化)」プロジェクト


毎月11日JTB公式Facebookでは「東北復興の現在」を伝えるためにコラムを

書いてきました


第1回目は2011年10月11日

震災から7カ月当時すでに約2,400名のボランティア活動をお手伝いしてきた

JTBボランティアサポートプランの担当からは


「観光産業の復興も急務ですが、
まずは現地の情報を正確に伝えて、
未来につなげていくことが旅行会社の役割」

この言葉から被災地の現在を定期的かつ継続的に伝えていくことが

未来につながっていくのではないかと

JTB公式Facebookで連載するきっかけになりました


ボランティアサポートプランの告知や参加にあたっては

「被災者第一」

で行動すること


3原則として


「自己責任、自己完結、被災地に迷惑をかけない」


など細かな心得や注意点を理解頂いた上での活動となりました。

以下その当時お伝えしていた内容の抜粋です


●被災された方々の生活再建が目的となる為、被災した方々の役に立つ行動を

第一に考え・行動する心構えが重要

(参加者の満足より、被災者の心情を優先に考える重要性)


●天候により安全確保のために作業を中断し、活動が中止となる場合もありますが、

あくまで被災者支援が目的であり、被災者に寄り添った心で中止も受け入れる事が必要

(ボランティア活動家の為に活動が準備される訳ではない)


●事前に活動内容が決まらない関係で、現地で使わない可能性があるにせよ、

どのような活動にも対応できる準備が必要


●被災された方々の心情に配慮し、節度ある行動と言葉づかいで接し、

みんなの読んで良かった!