【上海に奇跡を起こした男の物語】〜情けは人のためならず・父の想い出①

1 / 4 ページ


父は、かつてある日中合弁会社を一気に黒字に転換させ、

それは「上海の奇跡」と呼ばれました。


その奇跡の裏にはなにがあったのか・・・


歳をとった父がしてくれた話です。



            



       こんな話をすると、自慢話のように聞こえるかもしれんが、


       まあ、人生の経験として話そう・・・





父が、あるテフロンのフライパンを作る日中合弁会社の社長を頼まれていた時の事。


部下の一人の人が、こう言ったそうです。


父の部下
社長は本物の経営者ですね。


私はプロの技術屋ではあるけれども、経営者としてはどうかな。

君はなんでそう思うんだい?



父の部下
社長は自分でお気づきじゃないんですか。

従業員は、みんな自然に社長を尊敬するようになるんですよ。




父の部下がそう言った理由には、こんなエピソードがあったのです。



              

              * * * * * * *



ある日、父の元に緊急の電話がかかってきた。


「チーちゃんがトラックに跳ねられた!!」


チーちゃんというのは、父の会社で事務をしていた従業員の女の子だった。

その子がトラックに跳ねられ、病院に運ばれたという知らせだった。


父は即、彼女が運ばれた病院に急いだ。


父が到着すると、チーちゃんは重傷を負っていたにも関わらず、

応急処置だけで、冷たい病院の床に毛布一枚ひいた上に寝かされていた。


医者が足りず手術ができない、ということで、彼女はほっぽらかしにされていたのだ。


このままでは危ない!


父はすぐさま、上海で一番設備が整った外国人の医者がいるカトリック系の病院を手配した。


しかし、その搬送には救急車は出ない。


父は会社のトラックと医務室の看護婦を呼び、マットレスをひいて、

苦しんでいるチーちゃんを乗せた。


そして、なんとか、チーちゃんを無事入院させた・・・はずだった。



ところが、その翌日の朝。


父の住んでいたマンションの管理人から電話がきた。


管理人
公安警察がきています。



公安警察?

私にいったい何の用だ?

まあ、いい。
今、下に降りて行く。


父が下に降りて行くと、中国の公安警察官が二人待っていた。


公安警察
あなたを逮捕する。



いきなりだった。


逮捕する?なんの容疑だ?


公安警察
あなたは刑法○○条を犯し、中国人を外国人専用の病院に入院させた。


父がチーちゃんを入院させたのは、外国人専用の病院だったのだ。


その当時、中国では、外国人用の通貨と中国人用の通貨に分かれ、

外国人が泊まれる場所、買い物ができる場所などは、中国人とは区別されていた。


それで、その病院でも、中国人はそこで治療を受けることはできない規則だった。



よかろう。逮捕するがいい。

ただし!

チーは退院させん。続けて治療を続けさせろ。


公安警察
それはできん。

彼女にはすぐに退院してもらう。


費用は私が持つと言っているではないか!



しかし、向うも、費用の問題ではない、規則は規則だから、との一点張り。

とにかく、父を逮捕すると。


すぐに父の日本人の部下にも連絡がいった。



社長が逮捕されたりしたら、会社にも影響がある。

それだけは避けなければ!


彼はすぐに工場長に電話をし、その工場長は会社の守衛に連絡を取った。


守衛は、中国の元憲兵隊隊長を勤めた男だった。

その守衛が、父のところへぶっ飛んで来た。


それは元憲兵隊隊長だけのことはある。


公安警察官と話をつけてくれた。


みんなの読んで良かった!

他4コメント
STORYS.JPは、人生のヒントが得られる ライフストーリー共有プラットホームです。