ある日Facebookを見たら【16万イイネ!】がついていた

1 / 3 ページ

ある日Facebookを見たら【16万イイネ!】がついていた。


びっくりして笑ってしまった。

いろんな著名人がシェアしてくれたり、イイネ!を押してくれた方から沢山のメッセージが届いた。

Kloutスコアは、少なくとも3日間で5ポイント上昇した。


と、同時に偶然生まれたこの奇跡によってfacebookでの口コミの仕組みというか、裏のカラクリも少しだけ解明できたので、それを公開してしまいたいと思う。

 

このストーリーの最後にURLを掲載したので、
「読んでよかった!」ボタンを押したらぜひ見に行ってみて欲しい。


きっかけは本当に些細なことだった。

英語でシェアされていたいわゆる「ちょっといい話」系のウォールに、日本では見慣れないエピソードを見つけたのがことの始まり。


感動したので英語のままシェアしてみたが、当然ながらほとんど反響はない。


ARATA
「誰か訳してくれないかな?」



僕は別に翻訳者でもないし、英語だって別に得意じゃない。

誰かがやってくれたらいいやと思って上のようなコメントを 書き放置してたけど、しばらくして見てても誰も翻訳してくれてなかった。


当たり前といえば当たり前。

だって何のメリットもないもの。


仕方ないので、自分で翻訳してみることにした。

TOEIC650程度の僕でも翻訳できるくらいの簡単な語彙(でも何度か辞書で確認した^^;)。


最初は、元発言をシェアして、そこにコメントで書こうと思ったけど思うようにいかなかった。


シェア機能を使うと、シェアをシェアした人には僕のコメントが表示されない仕様のため、訳文が抜け落ちてしまう。


書き込んですぐシェアしてくれた人がいたのでこの落とし穴に気づくことができた。

大急ぎで元発言の写真を保存し、訳に引用元を書き足してから、その写真とコメントをアップした。



そこから5万いいねまでが1日。

12万いいねまでが2日。

15万いいねまでは3〜4日くらいだったように思う。

逆に16万いいねになるのには1週間以上かかっていた。


みんなの読んで良かった!