絶賛 断捨離決行中!!              第68話❀「今」-(マイナス)9割『捨てる』=人生開運

スタイル&ファッション:本当に10着でイケる?

本書の魅力を「かつて日本の伝統だった
『丁寧な暮らし』と 共通する美意識を感じます」と語る


『物は少なく、質は良く』と考えるのが典型的


「少なければ少ないほどよい」はあれこれ使えてよかったです


「広告や流行に左右されるのはもう嫌だ
もっと成熟した暮らしを送りたい
     −− そう望む日本人が増えたから」と分析する。



「肝心なのは枚数ではなく 自分らしくて
TPOにかなう服をそろえること。



●母親世代は平均125枚


では、平均的な日本人女性はどれくらい服を持っているのか。
日本衣料管理協会の調べでは
「母親世代」(40〜50代)の平均所持枚数は
125.58枚(2012年度)
10着には遠いが、10年前に比べると約20枚減った。    


                         以上は産経新聞より抜粋

みんなの読んで良かった!