殺したいほど憎かった酒乱の親父が言っていた「〇〇になるなよ」という言葉が生きる力になっている話

1 / 3 ページ


このストーリーは、

今から10年前に51歳という若さで

ガンという病に侵され他界した

親父と私の「唯一の繋がり」をテーマに書いています。


親父が死ぬまでに交わした言葉は

数えられるくらいしかありません。


それほど無口な親父が唯一残してくれた、

”ある言葉”を胸に抱え今も少しずつ前へ前へと

毎日を輝かしいものにしようと生きています。


親子であり他人のような、

そんな私と親父でしたが

このストーリーを書くことで

親父と私の「唯一の繋がり」が

強固なものになるような気がしています。



最後まで読んでいただけると嬉しいです。



殺したいほど憎かった酒乱の親父が言っていた「〇〇になるなよ」という言葉が生きる力になっている話



「バキッ!!」




この瞬間を今でも忘れない

実の父に殺意を抱いた日だ。



そう、親父が母に暴力を振るった初めての夜だった…。



それは私が10歳の時、

いつものように親父は酒に溺れていた。



普段は無口で人当たりのよい親父も

酒に呑まれると人が変わってしまう。



その度に母と口論になり、

いつも罵声が飛び交っていた。



幼い私はいつも寝たフリをして

布団に潜り込んでいた。



嵐が過ぎ去るのを布団の中でじっと…。





しかし、その日は違った。



いつものように怒鳴り声が聞こえてくる中で

いつも以上にそれが荒々しさを感じたのだ。



「バシッ」




親父が母の頬をひっぱたいた。



私はすかさず間に入って

「もうやめて!」と止めたが

親父の力には到底およぶわけもなく、

はねのけられたその瞬間…。



「バキッ!」




親父は母の顔を勢い良く蹴りあげた。



母の口からは歯が数本折れたせいで

大量の血が流れ出ていた。



今でもこの光景は

私の中に鮮明に残っている。


私は親父の力に抵抗できず母を守れなかったことに

悔しさと自分に対する嫌悪感でいっぱいだった。



それと同時に10歳の私は、


私(10歳)
大きくなったら絶対に殺してやる…




そう、初めて親父に対して殺意を抱いたのだ。



そして、親父は私にとって父親ではなく、

憎しみの相手へと変わっていった…。





それから私が中学に進学した頃から

親父は単身赴任でほとんど家にいることは無くなり、

親父がいないことで平穏な日々だった。



しかし、たまに帰ってきては飲んだくれて

母といつものように激しくケンカをする。

みんなの読んで良かった!

他48コメント
STORYS.JPは、人生のヒントが得られる ライフストーリー共有プラットホームです。