ネット選挙活動の解禁へ向けて

1 / 6 ページ

2012年の春より、ネット選挙活動の解禁に向けたOne Voice Campaignという活動を行なっています。
基本的な考え方としては、「情報は多い方が良い」。
ただでさえ、普段接する機会の少ない政治。ネットでもっと情報が流れるようになれば接点が増え、理解も進む、参加も進む、と考えています。
この活動の面白いところは、「団体」ではなく、あくまでも「キャンペーン」であり、代表もいないし、各自に役職もありません。
大学生もいますが、20代後半の社会人が多いです。
※組織の仕組みは、
 ヒトデはクモよりなぜ強い  で紹介されているもののまま!
 ベンチャー企業の組織図にも似ており、ここも面白いところです。
change.orgを使ったネット署名集めや、Facebookページでの半ネット署名集め、大臣や与野党の議員を集めての勉強会の開催等を行なっています。
各自、仕事を他にも持っており、「それぞれができることをやる」というスタンスが徹底されており、各自の得意分野を担当しています。
私は、講演会のストーリー作りをメインに行なっています。
その他には、ネットを使った簡単なネタ作りも担当しています。
「選挙期間中はTwitterが使えない?!日本の選挙制度への取り組みが時代遅れだと話題に - NAVER まとめ」
折しも原発問題や、消費税、衆院選と重なり、議題の重要度が下がり、実際の審議にかけられることはありませんでしたが、日本で一番PV数の多い、Yahoo!のトップニュース入りする、アルファブロガーに取り上げられる、各社の新聞に掲載等、HOTな温度を保っています。
今後も引き続きこの活動を行なっていきます。
※以下、ニュース掲載(一部抜粋)
ネット選挙関連ニュース
「ネット選挙を導入すべきだった」 原発避難者は置き去り、候補者の声、届かない : J-CASTニュース http://www.j-cast.com/2012/12/04156747.html?ly=cm&p=1
【Net@総選挙】 第10回 高まるうねり「次こそ解禁だ」 「新ビジネス」も生まれるか (1/3) : J-CASTニュース http://www.j-cast.com/2012/12/02156329.html
【Net@総選挙】 第11回 ネット解禁で若者は投票に行くのか 日本の政治、近未来を探る : J-CASTニュース http://www.j-cast.com/2012/12/03156278.html?p=all
ネット選挙運動解禁に、本気の政党はどこ?(One Voice Campaign) - BLOGOS(ブロゴス) http://blogos.com/article/52072/
ネット選挙活動解禁で何が変わるか 議員や津田大介さんら議論 (1/2) - ITmedia ニュース http://www.itmedia.co.jp/news/articles/1212/04/news121.html

みんなの読んで良かった!